第243号 稼げば所得税、貯めれば相続税 - 【ゆめたか大家】ゆめたか大家のメインブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第243号 稼げば所得税、貯めれば相続税

=========================

       男もすなる不動産投資といふものを


       女もしてみむとてするなり


        ~収支管理・確定申告編~

=========================

─────────────────────────

243 稼げば所得税、貯めれば相続税


201日発行

─────────────────────────


こんにちは!「ゆめたか大家」と申します。



ゆめたか大家のバックナンバーが好評公開中です!


以下は全て、200ダウンロードを突破しました!



『収支管理・確定申告編1』


個人の業務的規模の確定申告の基礎です。


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



『収支管理・確定申告編2』


不動産購入時の諸費用の税務と節約です。


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



『収支管理・確定申告3』


不動産の収入の税務および節税です。


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return3



めたか大家の「今までの道のり」および


バックナンバーのまとめはこちらです!


 http://bit.ly/yumetaka-history



ゆめたか大家は


経理・会計・税金ブログランキングに参加しています!


 http://bit.ly/yumetaka-ranking


─────────────────────────

■永遠の名曲シリーズ

─────────────────────────


今日の日はさようなら


https://www.youtube.com/watch?v=a5SaHfNiOO0



2014年1月から連載を開始した


「不動産の経費について」も、今回で最終回です。



この連載は「収支管理・確定申告編4」として


まとめる予定です。



また「収支管理・確定申告編」は


2013年1月から連載を開始して


約1年半に渡って執筆してきましたが


それも今回が最終回になります。



連載の終了によって、いったん


「今日の日はさようなら」となりますが


「また会う日まで」を楽しみにしたいと思い


この名曲を選びました。


─────────────────────────

本文

─────────────────────────


前回は


不動産の税務を勉強して


良かったと思う点を書きました。


http://archive.mag2.com/0001569235/20140901120000000.html



・自分で「確定申告」ができるようになった。


・「節税」に関する知識が増えた。


・税理士費用を節約する事ができた。


・「グレーゾーン百裂拳」や「ニ指真空把」も


 自分の責任で使用可能。



以上が、不動産の税務を勉強して


良かったと思う点だったのでした。



そして今回は、不動産の税務を勉強して


良くなかったと思う点を書きます。



それは、「国家」に対する信頼が低下した事です。



税務を勉強するにつれて


「国家は、国民から税金をむしり取ろうとしている。」


というのが、紛れもない真実である事が


理解できるようになってしまったのです。



それを短くまとめて、以下のようにしてみました。


「稼げば所得税、使えば消費税、貯めれば相続税」



以下、これを簡単に解説します。



・稼げば所得税



これはもう説明不要だと思います。


稼いだ場合には、所得税だけでなく


住民税、健康保険料、年金保険料もかかりますが


全ての税金が、税率が上がったり


新たに名目が加わるなどとして、年々上がっています。



このように、稼いだ分から相当搾り取られた後に


「手取り」になるという仕組みが


「稼げば所得税」の意味です。



・使えば消費税



私の生まれた頃は、消費税はありませんでした。


しかし消費税が3%で導入されて、5%になり


今年からは8%になって、来年には10%になる見込みです。



稼いだ分から相当搾り取られた、なけなしのお金ですが


これを使うとさらに税金を払う仕組みになっているのが


「使えば消費税」の意味です。



・貯めれば相続税



平成27年より税制が変わり


相続税について控除額が減り


また最高税率も上がる事になりました。


http://allabout.co.jp/gm/gc/373816/



稼いだ分から相当搾り取られた、なけなしのお金を


倹約したり運用したりして貯めても


最後には「相続税」が待っているという仕組みが


「貯めれば相続税」の意味です。



以上が


「稼げば所得税、使えば消費税、貯めれば相続税」


の意味なのですが


それ以外にも書き出せばきりがありません。



・不動産の売却損は泣き寝入りなど


 バブルの頃の税制が今だに残っている。


・2007年以降は


 自宅の地震保険の控除が認められなくなった。


http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1145.htm


・子供の扶養控除が廃止されて


 子供手当て、児童手当になったが


 金額は減額になっている。


・配偶者控除廃止が議論されている。


・「130万円の壁」として知られていた社会保険料の壁が


 2016年10月から106万円になる見込み。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140226-00010001-manetatsun-bus_all


・年金額は減一方


・2014年より、70歳以上の人の医療費は


 1割負担から2割負担になった。


http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/iryouhifutan.html



私が知っているだけでも上記のような項目が並ぶのですが


税理士さんであれば、もっとたくさんになるでしょう。



税制は政治によって決められますが


正義感の強い税理士さんの中には


「政治家は何を考えているのか!」


と書いておられる方もいらっしゃいます。



私は多少勉強しただけですが


税務を勉強するにつれて「増税の影」を感じ


「国家は、国民から税金をむしり取ろうとしている。」


というのが、紛れもない真実である事が


理解できるようになったのでした。



そして「国家」に対する信頼が低下し


「稼げば所得税、使えば消費税、貯めれば相続税」


という文言が、思い浮かんでしまった次第です。



こんな時、椙田拓也さんの書かれた以下の文章を読み


「まさしくそうだ!」と思いました。



「日本の政府は 


 国外への外交政策は滅法弱いくせに


 国内の国民から搾取することだけにはやたらと長ける


 内弁慶気質であって


 黙っていると正直者がバカをみるようなうまい政策を


 次から次に思い付きます。


 こと税務当局のアタマの良さはピカイチで


 ここまで課税納税率の高い国は世界に類を見ません。」


http://9fudo.seesaa.net/archives/20140516-1.html



私は「収支管理・確定申告編」にて


税制を多少勉強しただけですが


椙田さんの書かれた文章が


わかるくらいにまでなりました。



そして「本当にそうだ!」と思ったのでした。



今回は


不動産の税務を勉強して


良くなかったと思う点を書きまました。



今回は


2013年1月から開始して1年半ほど連載した


「収支管理・確定申告編」の最終回だと言うのに


暗い話になってしまい、本当に申し訳ありません。



しかし最後の最後に


再び椙田さんの文章を引用させて下さい。



「僕は日本という国が好きです。 


 母国を想い、自国の発展と繁栄を望むことに


 理由は不要でしょう。」


「僕はよく参拝に出向くのですが


 お願いすることと言えばいつも


 『日本国の発展と日本民族の繁栄』です。」


http://9fudo.seesaa.net/archives/20140516-1.html



私も椙田さんと同じく


日本という国が好きです。



それは


「今日の日はさようなら」の歌詞にあるように


「信じあう喜びを大切にしよう」


という文化のためです。


https://www.youtube.com/watch?v=a5SaHfNiOO0



私は外国に行った事があるのですが


これほど人々が親切で


「信じあう喜びを大切にしよう」という文化を持つ国はなく


日本が世界で一番だと思いました。



私は日本が


「信じあう喜びを大切にしよう」


という文化を持つ国である限り


この国を大切にして行きたいと思います。



以上にて


「不動産の経費」についてを終了し


この内容を「収支管理・確定申告編4」として


まとめようと思います。



そして今までのバックナンバーである


「収支管理・確定申告編1」


http://bit.ly/yumetaka-tax_return1


「収支管理・確定申告編2」


http://bit.ly/yumetaka-tax_return2


「収支管理・確定申告編3」


http://bit.ly/yumetaka-tax_return3


と合わせて、これにて


「収支管理・確定申告編」を終了させていただきます。



約1年半の連載に渡り


応援していただいた皆様には、心より感謝致します。



また内容についてご教示を下さった


不動産投資家や税理士の方々にも


心より御礼を申し上げます。



「今日の日はさようなら」の歌詞にあるように


皆様とは


「いつまでも絶えることなく、友達でいよう」


という事を、願うばかりです。



連載の終了によって、いったん


「今日の日はさようなら」となりますが


「また合う日まで」を楽しみにしております。



万感の思いを込め、ここに


「収支管理・確定申告編」の筆を置きます。



暖かく見守って下さった方々


本当にありがとうございました。


ゆめたか大家



以下、次号に続きます。



今回の内容がお役に立てたようでしたら


「いいね!」の代わりにクリックをお願いします。


⇒ http://bit.ly/yumetaka-ranking


─────────────────────────

情報紹介

─────────────────────────


今回は


ゆめたか大家のバックナンバーを


紹介させていただきます。



楽天・nanacoカード編201月改訂版


http://bit.ly/yumetaka-nanaco2014Feb



ゆめたか大家は、東京都葛飾区で


築34年の木造アパートを買いましたが


この不動産取得税をお得に支払おうと思い


楽天カードおよびnanacoカードを作りました。



しかし楽天カードとnanacoカードのシステムは


大変複雑でしたので


連載を行って1つずつ疑問点を解決して行き


さらに固定資産税、自動車税、住民税について増補し


またQUOカードやTカードについても補足したのでした。


(連載第61~84号、129~136号、182~192号


http://bit.ly/yumetaka-nanaco2014Feb



楽天・nanacoカード編」は現在150ダウンロードを超え


これも、ゆめたか大家の代表作となっています。



現在は楽天ダブルポイントクラブが終わってしまったので


有効性は半分になってしまったのですが


それでも「節約」について勉強になる所があると思います。



それにしても
楽天・nanacoカード編」には


私の「1円玉を拾ってゆく性格」が


よく現れていると思います。



まだ読まれていない方は、これを機にいかがでしょうか。


─────────────────────────

今週の情報紹介

─────────────────────────


月刊・満室経営新聞』を紹介させていただきます。


http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-17.html



「月刊・満室経営新聞」


寺尾恵介さんが編集長を務める


無料の月刊PDF新聞です。



毎月15日に発行されますが


その月の10日までに登録しないと


その月の号は送られて来ないそうです。



9月号は以下の特集が組まれる予定です。



「大家さんのコスト削減大作戦」


電子ブレーカーで、電気代を半額にする!



どのような内容なのかわかりませんが


もしかしたら自宅でも使える方法なのでしょうか?


私は今から楽しみにしています。



この新聞では
さらに豪華執筆陣の連載もあるのですが


それも含めて「満室経営新聞」の紹介を書いてみました。


http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-17.html



これは購読されておいた方がよいと思います


─────────────────────────

ゆめたか大家のバックナンバー

─────────────────────────


日本政策金融公庫より、ほぼフルローンで購入した物件の


買い付け・融資・契約・物件引き渡し・初期管理をまとめた


「不動産取得編」はこちらです。


(連載第0号~第60号)(249ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-real_estate



不動産取得税のお得な支払いに関連して


楽天カード(JCB)およびnanacoカードの活用法をまとめた


「楽天・nanacoカード編201月改訂版」はこちらです。


(連載第61~84号、129~136号、182~192号


増補・改訂にて94ページになりました。


 http://bit.ly/yumetaka-nanaco2014Feb



「個人」の「業務的規模」の確定申告についてまとめ


10億マンション税理士さんのお話も収録した


「収支管理・確定申告編1」はこちらです。


(連載第85号~第102号)(111ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



不動産購入時の諸費用について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


(連載第104号~第128号)(163ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



不動産の収入の項目と帰属に始まり


「名義変更」「借地関係」「同一生計」についてまとめた


「収支管理・確定申告編3」はこちらです。


(連載第137号~第181号)(274ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return3


─────────────────────────

■ゆめたか大家の情報紹介メール

─────────────────────────


「確定申告・簿記・経営・倒産の情報紹介メール」


優良な特選情報を20回に渡ってお届けします。


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax-bookkeeping


─────────────────────────

編集後記

─────────────────────────


今回で


「収支管理・確定申告編」の連載を


終了する事になりました。



「収支管理・確定申告編」は


2013年1月に連載を開始し


これまで3つのバックナンバーとしてまとめてきました。



「収支管理・確定申告編1」


http://bit.ly/yumetaka-tax_return1


「収支管理・確定申告編2」


http://bit.ly/yumetaka-tax_return2


「収支管理・確定申告編3」


http://bit.ly/yumetaka-tax_return3



そして「収支管理・確定申告編」の最後として


「不動産の経費」について連載を開始したのが


2014年1月でしたが、これも今回で終了となります。



この「不動産の経費」については


「収支管理・確定申告編4」としてまとめる予定です。



そしてこれにて


「収支管理・確定申告編」が完結するのかと思うと


感慨を感じます。



連載は約1年半になりましたが


私は一貫して


「個人」の「業務的的規模(5棟10室未満)」


を中心に書いてきました。



不動産の確定申告や節税に関する情報は


「法人」もしくは


「個人」の「事業的規模(5棟10室以上)」


についての記述が多いので


多くの項目に渡って


「個人」の「業務的規模」でも適応があるのか


調べるのに時間がかかったのでした。



スケールの小さい内容でしたが


それでも「初心者目線」を大切にした


ゆめたか大家らしい連載だったと思っています。



そしてまた皆様の応援のおかげで


「収支管理・確定申告編」の連載中も


メールマガジンの読者さんが増えて行きました。



現在のメールマガジンの読者数は以下の通りです。


・まぐまぐ版:約130人


・独自配信版:約2400人



ゆめたか大家がここまで大きくなれましたのは


ひとえに皆様のおかげです。


心より御礼を申し上げます。



しかしそれ以上に


子供たちには


大きくのびのびと育って欲しいと思っています。



例によって「親バカまるだし」になりますが


わが子の未来を祈りつつ、ここに


「収支管理・確定申告編」の筆を置きます。



暖かく見守って下さった方々


本当にありがとうございました。


ゆめたか大家



最後までお読み頂きありがとうございました。


不動産関係は派手な情報が多いですが


私は初心者目線を大切にして行きたいと思っています。


ご質問・ご感想をいただけましたら幸いです。


─────────────────────────


男もすなる不動産投資といふものを女もしてみむとてするなり


発行責任者 ゆめたか大家


ゆめたか大家の今までの道のり

http://bit.ly/yumetaka-history


まぐまぐメールマガジンの登録・解除・バックナンバー

http://www.mag2.com/m/0001569235.html


ゆめたか大家のブログ

http://yumetaka365.blog.fc2.com/


ゆめたか大家のミクシー

http://bit.ly/yumetaka-mixi


ゆめたか大家のフェイスブック

http://bit.ly/yumetaka-facebook


ゆめたか大家のツイッター

http://twitter.com/yumetaka365


お問い合わせ

http://bit.ly/yumetaka-inquiry

 

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yumetaka365.blog.fc2.com/tb.php/199-a0f6697e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。