第251号 小規模企業共済のご意見1 - 【ゆめたか大家】ゆめたか大家のメインブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第251号 小規模企業共済のご意見1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       男もすなる不動産投資といふものを


       女もしてみむとてするなり


        ~収支管理・確定申告編~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─────────────────────────

■第251号 小規模企業共済のご意見1


20112日発行

─────────────────────────


こんにちは!「ゆめたか大家」と申します。


今回は「バラは美しく散る」をお送りします。


カラオケボックスの中で、1人で真顔になってしまいました。


詳しくは「永遠の名曲シリーズ」と「編集後記」で♪



ゆめたか大家が1年半に渡って連載した


「収支管理・確定申告編」はこちらです!



「収支管理・確定申告編(確定申告の基礎)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return1


「収支管理・確定申告編2」(不動産購入時の税務)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return2


「収支管理・確定申告編(不動産の収入について)


⇒ 
http://bit.ly/yumetaka-tax_return3


「収支管理・確定申告編(不動産の経費について)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return4



めたか大家の「今までの道のり」および


バックナンバーのまとめはこちらです!


 http://bit.ly/yumetaka-history



ゆめたか大家は


経理・会計・税金ブログランキングに参加しています!


 http://bit.ly/yumetaka-ranking


─────────────────────────

本文

─────────────────────────


前回は


事業的規模(5棟10室以上)になると適応可能となる


「小規模企業共済」について書きました。


http://archive.mag2.com/0001569235/20141126120000000.html



私の計算では


「小規模企業共済」は


お得ではあるものの、それほどではないのでした。



そして前回の記事について


コメントやメッセージをいただきましたので


今回はそれを踏まえて再考してみたいと思います。



(いただいたメッセージ)


いつも参考になるお話ありがとうございます。


小規模企業共済ですが


私の場合はマックスの70000円加入しています。



(ゆめたか大家の考え)


小規模企業共済は


20年未満で解約すると元本割れになるのですが


http://www.smrj.go.jp/skyosai/051298.html


この方はそうはならない経営基盤をお持ちのようで


すごいなあと思いました。



(メッセージの続き)


考え方としては受け取れる金額というより


全額損金で年内処理できることと


積み立ててある金額までは


いつでも低利で借り入れができることが


メリットと思っています。



(ゆめたか大家の考え)


受け取る金額の事をあまり考えていらっしゃらないなんて


うらやましいと思いました。



小規模企業共済は


積み立ててある金額までは


低利(1.5%)で借りる事ができるようですが


これは確かにメリットだと思いました。



ある年に7万×12ヶ月=84万円を払って


所得税20%、住民税10%なら


実質59万円の支払いで


翌年に84万円を1.5%借りる事ができればお得ですね。



でも返済期間が最長でも5年となっているのが


私としては気になってしまいました。



(メッセージの続き)


将来的に課税されるとしても


課税の繰り延べが拡大期には大きなメリットかなと。



(ゆめたか大家の考え)


拡大期に余剰資金があるならば


投資効率を考えると、物件を買った方が良く


小規模企業共済にするのはもったいないと思いました。



(メッセージの続き)


3.4%の貯蓄性投資と同じ利率というのは


ちょっと衝撃的でしたが。



(ゆめたか大家の考え)


この方は、お金の使い方を


「投資」と「節税」で


別々に考えていらっしゃるように思いました。



ちなみに前回は


所得税を20%、住民税を10%とした場合


・毎月50000円を小規模企業共済として20年


・毎月35000円を年利3.4%の投資信託で20年


以上の2つが同じである事を書いたのでした。



そして30年で計算してみると


・毎月50000円を小規模企業共済として30年


・毎月35000円を年利2.26%の投資信託で30年


以上の2つは同じである事がわかりました。



また40年では


・毎月50000円を小規模企業共済として40年


・毎月35000円を年利1.69%の投資信託で40年


以上の2つが同じである事がわかりました。



日本国債も40年だと利率が1.69%近辺ですので


http://www.mof.go.jp/jgbs/reference/interest_rate/jgbcm.htm


これでは小規模企業共済は


お金の使い道(投資先)としてどうかなあと思いました。



(メッセージの続き)


ご存知の通り


(小規模企業共済を退職金として受け取る場合)


退職金は特別に優遇された減税もありますし


(投資信託は)
利息には20%課税されるので


実質的にはもう少し高い利息が必要ですかね?



(ゆめたか大家の考え)


これはついては、シミュレーションをしてみました。



まず小規模企業共済を退職金として受け取る場合も


ある額を超えると税金がかかって来ます。



具体的には掛け金が毎月4万円なら無税ですが


今回の方のように毎月7万円を掛けていると


税金の発生は必発です。


https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1420.htm



毎月7万円(毎年84万円)を20年支払った場合は


解約時に84万×20年=1680万円が支払われますが


退職金控除が800万しかありませんので


1680万-800万=880万円の半分である


に440万円対して税金が課せられます。


http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/02_3.htm



この場合は所得税20%、住民税10%になりますので


440万の30%である132万円から


控除額43万円を引いた89万円が税金になります。



払い込み期間中の所得税20%、住民税10%とすると


今回は実際の払い込みが1176万円で


受け取りが1680万円ですので


単純な差し引き利益?は504万円です。



すると先ほどの税金89万円は


利益である504万円に対して17.7%に相当します。



これは株式投資の


「利益に対して20%」という税率とほぼ変わりません。



だから税制的にも


小規模企業共済の方が明らかにお得とは


言えないと思いました。



以上は一例ですが


掛け金や年数を変えて


綿密なシミュレーションが必要だと思います。



(メッセージの続き)


私の場合


個人では小規模企業共済


法人では倒産防止共済に入った方がメリットが多いのでは


と感じていますが、いかがでしょうね?



(ゆめたか大家の考え)


たしかにメリットはあるのですが


投資効率がよくない事を考えると


事業拡大期には物件を買う方がよく


もう物件を増やさずに経営していくのであれば


小規模企業共済や倒産防止共済に入るのが


良いと思いました。



以上、私が調べてみた上での考えを書きました。



前回も書きましたが


・小規模企業共済に詳しいのは税理士さん


・積み立て型投資信託や生命保険に詳しいのはFPさん


・不動産投資に詳しいのは不動産投資家さん


だと思います。



「3.4%
の貯蓄性投資と同じ利率


というのに驚いておられた事からすると


今回、メッセージを下さった方は


投資効率をあれこれ比較するような事はされておらず


真面目に経理をしていらっしゃる方なのだろうと思いました。



とはいえ、今回の内容は


私がちょっと調べ物をして書いただけですので


本質的な点を外しているかもしれません。



このため


経験者の方より、お気付きの点をご指摘いただければ


嬉しく思います。



今回は、1人の方のメッセージおよび


ゆめたか大家の考えを書きました。



次回は、別の方よりいただいたメッセージおよび


ゆめたか大家の考えを書きたいと思います。



以下、次号に続きます。



今回の内容が好感でしたら


「いいね!」の代わりにクリックをお願いします。


⇒ http://bit.ly/yumetaka-ranking


─────────────────────────

■情報紹介

─────────────────────────


今回は


退職金に関する国税庁のサイトを


紹介させていただきます。



退職金と税』


http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/02_3.htm



このサイトは、退職金の税金について


わかりやすくまとめられています。



私の今回の本文の計算は


ここを見ながらやってみたのでした。



退職金について勉強しておきたい方は


見ておかれると良いと思います。


─────────────────────────

ゆめたか大家のバックナンバー

─────────────────────────


日本政策金融公庫にて、ほぼフルローンとなった物件の


買い付け・融資・契約・引き渡し・初期管理をまとめた


「不動産取得編」はこちらです。


(連載第0号~第60号)(249ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-real_estate



不動産取得税のお得な支払いに関連して


楽天カード(JCB)およびnanacoカードの活用法をまとめた


「楽天・nanacoカード編201月改訂版」です。


(連載第61~84号、129~136号、182~192号


増補・改訂にて94ページになりました。


 http://bit.ly/yumetaka-nanaco2014Feb



「個人」の「業務的規模」の確定申告についてまとめ


10億マンション税理士さんのお話も収録した


「収支管理・確定申告編1」はこちらです。


(連載第85号~第102号)(111ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



不動産購入時の諸費用について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


(連載第104号~第128号)(163ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



不動産の収入の項目と帰属に始まり


「名義変更」「借地関係」「同一生計」についてまとめた


「収支管理・確定申告編3」はこちらです。


(連載第137号~第181号)(274ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return3



不動産所得の必要経費」ついてまとめ


修繕費」「建物価格」「減価償却」について調べた


「収支管理・確定申告編」はこちらです。


(連載第194号~第244号)(344ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return4


─────────────────────────

■ゆめたか大家の情報紹介メール

─────────────────────────


水戸大家、川崎大家、中卒大家、ソプラノ大家さんなど


有名大家さんの不動産投資に関する情報が満載の


「不動産投資の情報紹介メール」はこちらです!


 http://bit.ly/yumetaka-estate-information


厳選情報を22回に渡ってお届けします!



税理士である叶温さんやOMコンサルティングさんなどの


不動産の節税に関する情報を中心とした


「確定申告・簿記・経営・倒産の情報紹介メール」です!


⇒ 
http://bit.ly/yumetaka-tax-bookkeeping


厳選情報を20回に渡ってお届けします!


─────────────────────────

■永遠の名曲シリーズ

─────────────────────────


バラは美しく散る


https://www.youtube.com/watch?v=5w9LkySEBD8



アパートを購入して大家となった私は


家賃収入が入ってくるようになりました。



この収入は確定申告をしなくてはいけないのですが


私には右も左もわかりません。



このため確定申告の勉強を始め


「家賃滞納の税務」について調べたのですが


「貸倒」「貸倒引当金」「一括評価」「個別評価」など


訳のわからない泥沼の税制があるのでした。



このようなトラブルに巻き込まれたら


「華やかに激しく生きる」事が許されなくなり


いっそのこと「バラのように美しく散ってしまいたい」


となってしまうだろうと考え


「バラは美しく散る」を採用したのでした。


http://archive.mag2.com/0001569235/20130128120000000.html



「個人」の「業務的規模」の確定申告についてまとめ


10億マンション税理士さんのお話も収録した


「収支管理・確定申告編1」はこちらです。


(連載第85号~第102号)(111ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



「バラは美しく散る」は


日本のアニメ史上、名作中の名作である


「ベルサイユのばら」の主題歌です。



思い出してみても


個人と国家、戦争と平和、男性と女性など


あらゆる要素が盛り込まれた奇跡の傑作だと思います。



ベルサイユのばらの人気はアニメに留まらず


宝塚歌劇団でも


史上最大のヒット作になっているそうです。


http://goo.gl/6QV5z



私の妹は


宝塚歌劇団の「浅香じゅん」さんが大好きで


あらゆるCDやビデオを買い集めた時期があり


それはもう狂っていたのでした。


http://goo.gl/3OjXrt



アニメのテーマソングは


明るくて楽しい曲になるのが定番ですが


「ベルサイユのばら」は完全にその逆を行っています。



大人になってから聞くと


その歌詞の深さに、はっと驚かされました。



「草むらに、名も知れず、咲いている、花ならば


 ただ風を、受けながら、そよいでいれば、いいけれど


 私はバラの定めに生まれた


 華やかに激しく生きろと生まれた


 バラはバラは、気高く咲いて


 バラはバラは、美しく散る」



あまりにも感傷的・情緒的で、気高く美しいこの曲は


いつまでも人々の心に残る永遠の名曲だと思います!


─────────────────────────

■編集後記

─────────────────────────


子供たちとカラオケに行きました。



上の子はアンパンマン、ドラえもん、アナと雪の女王などを


嬉しそうにどんどん歌います。



下の子も曲は知っているはずなのですが


退屈そうに部屋の中をごろんごろんしていました。



そして私は「勇気100%」を検索するために


「光GENJI」と入力しました。



すると信じられない事が起こりました。


検索で出てきたのは、わずか3曲だったのです。


「ガラスの十代」


「パラダイス銀河」


「勇気100%」



「あの光GENJIが、たった3曲だなんて・・・。」


私は言葉を失いました。



「ぼくた~ちの~♪、もてるかがやき~♪


 えいえ~んに~♪、わ~す~れ~な~い~でね~♪」



忘れたくないと思いました。


いや忘れることなど、できないのです。


あの頃は永遠に続かなくてはいけないのです。


それなのに・・・。



もしかしたら


カラオケから光GENJIが消える日も近いのでしょうか。



「諸行無常」は普遍の真理とはいえ


もしかしたら私も死期が迫っているのかと思い


カラオケボックスの中で


1人で真顔になってしまいました。



最後までお読み頂きありがとうございました。


不動産関係は派手な情報が多いですが


私は初心者目線を大切にして行きたいと思っています。


ご質問・ご感想をいただけましたら幸いです。


─────────────────────────


男もすなる不動産投資といふものを


女もしてみむとてするなり


発行者 ゆめたか大家


ゆめたか大家の今までの道のり

http://bit.ly/yumetaka-history


まぐまぐメールマガジンの登録・解除・バックナンバー

http://www.mag2.com/m/0001569235.html


ゆめたか大家のブログ

http://yumetaka365.blog.fc2.com/


ゆめたか大家のミクシー

http://bit.ly/yumetaka-mixi


ゆめたか大家のフェイスブック

http://bit.ly/yumetaka-facebook


ゆめたか大家のツイッター

http://twitter.com/yumetaka365


お問い合わせ

http://bit.ly/yumetaka-inquiry

 

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yumetaka365.blog.fc2.com/tb.php/227-14c87e36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。