株の税金は総合課税?危うく二重課税 - 【ゆめたか大家】ゆめたか大家のメインブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株の税金は総合課税?危うく二重課税

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       男もすなる不動産投資といふものを


       女もしてみむとてするなり


        ~収支管理・確定申告編~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─────────────────────────

■株の税金は総合課税?危うく二重課税


20123日発行

─────────────────────────


こんにちは!「ゆめたか大家」と申します。


今回は「釣りキチ三平」をお送りします。


上の子が「かけっこ」で頑張り、涙ぐんでしまいました。


詳しくは「永遠の名曲シリーズ」と「編集後記」で♪



ゆめたか大家の「収支管理・確定申告編」です!



「収支管理・確定申告編(確定申告の基礎)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return1


「収支管理・確定申告編2」(不動産購入時)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return2


「収支管理・確定申告編(不動産の収入)


⇒ 
http://bit.ly/yumetaka-tax_return3


「収支管理・確定申告編(不動産の経費)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return4



めたか大家の「今までの道のり」および


バックナンバーのまとめはこちらです!


 http://bit.ly/yumetaka-history



ゆめたか大家は


経理・会計・税金ブログランキングに参加しています!


 http://bit.ly/yumetaka-ranking


─────────────────────────

本文

─────────────────────────


先日、確定申告に行ってきました。



そして給与所得と不動産所得と株式所得を


申告してきました。



私は昨年末より、株式を始めてみたのですが


プラスになりましたので、確定申告をしたのでした。



この時期なので、当然ながら


税務署は賑わっていました。



私は職員さんにいろいろ聞きながら


確定申告書を記入します。



「株式のプラス分はどのように記入するのでしょうか?」


「株式は雑所得になりますので、ここに記入して下さい。」


「えっ?すると株式のプラス分は


 給料や不動産と合計して課税されるのですか?」


「そうです。」



こんなはずはありません。


株式のプラス分は、「分離課税」と言って


給与所得や不動産所得とは


別に課税される税法になっているのです。


所得税15%、住民税5%で合計20%です。


https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1463.htm



このため私は


「分離課税のはずなのですが」と聞き返しました。



すると税務署の職員さんは


「えっ?そうでしたか?」と言って


別の人に聞きに行きました。



「すみません、専門ではないもので・・・。」


やっぱり株式のプラス分は分離課税なのでした。



ところで給与所得と不動産所得は総合課税ですので


合計して所得税率が決まります。



このため物件を増やしていくと


所得税+住民税が


30%、33%、43%、50%となり


どんどん上がっていきます。



しかし株式のプラス分は分離課税で


所得税15%、住民税5%と一律です。



だから多くの大家さんは


給与所得+不動産所得(総合課税)の税率の方が


株式の税率より高いと思います。



このため、おそらく税務署の職員さんは


私から税金を多くむしり取ろうとして


「株式は雑所得で総合課税です。」


と言ってきたのだと思いました。



税務署の職員で


株式が分離課税である事を知らない人なんて


いるはずがありませんからね。



次に株式の確定申告の記入法につき質問しました。


そうしたら株式の分は


「第三表」というものに記載することがわかり


その用紙を持ってきてくれました。


http://goo.gl/0OtDwl



「株式の分はこの第三表に記入して下さい。」


「はい。」



私は第三表に記入して行きました。


しかし株式のための経費、つまり


書籍代やセミナー代や交通費や電気代などを


記入する箇所がありません。



これについて聞いてみると


職員さんはまた別の人の所に聞きに行き


「先物取引に係る雑所得等の金額の計算証明書」


という紙を持ってきてくれました。


この用紙の中に、経費を記入する箇所がありました。


http://goo.gl/0IYwez



それにしても、私がこれについて聞かなかったら


株式の税金を計算する際の経費を


申告できなかった事になります。



これもまた


税務署が私から税金をむしり取ろうとしている事の


現れだろうと思いました。



「株式の税金も計算して第三表に記入して下さい。


 所得税率は15%ですが


 復興所得税2.1%が加わって


 15.315%になります。」


「はい、わかりました。」



私は計算して第三表に記入しました。


するとこの税額を、申告表Bにも記入することになっており


ここでまた復興所得税がかかってくるのでした。



「あのう、先ほど教えていただいた復興所得税ですが


 教えていただいた通りに記入すると


 二重課税になってしまうようなのですが・・・。」


「・・・そうですね。間違えました。


 第三表に記入する額は所得税15%ですね。」



税務署の職員は


私に「二重課税の罠」を仕掛けてきたのでした。


気が付かなかったら、本当に二重課税でした。



今回の内容をまとめます。



・株式の税金は総合課税と言われた。


・株式の経費を申告する書類を持って来なかった。


・二重課税の罠を仕掛けられた。



以上は税務署にて、本当に起こった出来事です。



また今回の出来事は


1人の職員の不手際ではなく


何人かの職員による対応であった事を


書き添えておきます。



「庶民から税金をむしり取る」


という税務署の考えが


多くの職員に浸透しているのだろうと思いました。



今回の出来事は


文章にすると、数分で読めると思いますが


実際は何度も聞き返しては待たされて


また書類を何度も書き直し


実に3時間もかかったのでした。



疲れ果て、またイライラした私は


書類の修正が面倒になってしまい


今回は株の経費の申告をしませんでした。



しかし私に税務調査が入るようなら


北斗神拳の奥義である「ニ指真空把」を放ち


株式の経費の申告をして


税務署の思惑を迎撃しようと思います。


http://www.geocities.jp/hokuaniken/ougi/hokuto/sinken1/nisisinkuuha.html



1 「運転資金を貯めている」と見なされ「自己資金の一部」と評価される。以下、次号に続きます。



今回の内容が好感でしたら


「いいね!」の代わりにクリックをお願いします。


⇒ http://bit.ly/yumetaka-ranking


─────────────────────────

■情報紹介

─────────────────────────


今回は、ゆめたか大家の


「収支管理・確定申告編」を


紹介させていただきます。



「収支管理・確定申告編(確定申告の基礎)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return1


「収支管理・確定申告編2」(不動産購入時)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return2


「収支管理・確定申告編(不動産の収入)


⇒ 
http://bit.ly/yumetaka-tax_return3


「収支管理・確定申告編(不動産の経費)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return4



以上は、私が1年半に渡って連載し


「個人」の「業務的規模(5棟10室未満)」の


不動産の確定申告についてまとめたものです。



税金に関して何も知らない私が

調べながら書いて行ったものですので


言葉はわかりやすくなっています。



この連載を終えてみると、私はいつの間にか


個人の業務的規模の確定申告については


税理士さんに負けないくらいの知識を身に付けたのでした。



今読み直すと、修正したい部分もあるのですが


高額な専門書くらいの内容になっていると思います。


─────────────────────────

ゆめたか大家のバックナンバー

─────────────────────────


日本政策金融公庫にて、ほぼフルローンとなった物件の


買い付け・融資・契約・引き渡し・初期管理をまとめた


「不動産取得編」はこちらです。


(連載第0号~第60号)(249ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-real_estate



不動産取得税のお得な支払いに関連して


楽天カード(JCB)およびnanacoカードの活用法をまとめた


「楽天・nanacoカード編201月改訂版」です。


(連載第61~84号、129~136号、182~192号


増補・改訂にて94ページになりました。


 http://bit.ly/yumetaka-nanaco2014Feb



「個人」の「業務的規模」の確定申告についてまとめ


10億マンション税理士さんのお話も収録した


「収支管理・確定申告編1」はこちらです。


(連載第85号~第102号)(111ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



不動産購入時の諸費用について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


(連載第104号~第128号)(163ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



不動産の収入の項目と帰属に始まり


「名義変更」「借地関係」「同一生計」についてまとめた


「収支管理・確定申告編3」はこちらです。


(連載第137号~第181号)(274ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return3



不動産所得の必要経費」ついてまとめ


修繕費」「建物価格」「減価償却」について調べた


「収支管理・確定申告編」はこちらです。


(連載第194号~第244号)(344ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return4


─────────────────────────

■ゆめたか大家の情報紹介メール

─────────────────────────


水戸大家、川崎大家、中卒大家、ソプラノ大家さんなど


有名大家さんの不動産投資に関する情報が満載の


「不動産投資の情報紹介メール」はこちらです!


 http://bit.ly/yumetaka-estate-information


厳選情報を22回に渡ってお届けします!



税理士である叶温さんやOMコンサルティングさんなどの


不動産の節税に関する情報を中心とした


「確定申告・簿記・経営・倒産の情報紹介メール」です!


⇒ 
http://bit.ly/yumetaka-tax-bookkeeping


厳選情報を20回に渡ってお届けします!


─────────────────────────

■永遠の名曲シリーズ

─────────────────────────


釣りキチ三平


https://www.youtube.com/watch?v=ygbvZYCLL5c



アパートを購入して大家となった私は


家賃収入が入ってくるようになりました。



この収入は確定申告をしなくてはいけないのですが


私には右も左もわかりません。



このため確定申告の勉強を始めたのですが


確定申告の基礎について


まとめを行なったのでした。



そしてその終わりにあたって


売り上げ20億円社長さんのお話を


載せることにしたのでした。



そのお話の中で


売り上げ20億円社長さんは交友が広く


また「寛容さ」や「心の広さ」のある方でしたので


「釣りキチ三平」を採用したのでした。


http://archive.mag2.com/0001569235/20130225120000000.html



「個人」の「業務的規模」の確定申告についてまとめ


10億マンション税理士さんのお話も収録した


「収支管理・確定申告編1」はこちらです。


(連載第85号~第102号)(111ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



「釣りキチ三平」ですが


これは大自然を舞台にした


本当にのびのびした物語でした。



ゆめたかパパは、子供の頃


釣りキチ三平を見て、魚釣りをしてみようと思い


最初は「釣り堀り」に行ったのでした。



たしか1時間300円くらいで


釣れなくてもお菓子をもらえたような記憶があります。


だから釣れなくても、ちょっと嬉しかったのでした。



釣りキチ三平の曲ですが


実に広大で、豊かな歌詞とメロディーであり


本当に素晴らしいと思います。



「人は~、誰でも~、未知の世界に憧れ~♪


 旅に~、出るのさ~、たった一人で~♪」


「そうさ~、心の星を見つめて~♪


 旅人は~、歩いて行く~、だ~け~さ~♪」



この歌は、歌い手の方の歌声が


空前絶後と言えるほどに素晴らしいです。



知らない方がいらっしゃいましたら


一生の機会損失にならないように


聞いておかれた方がよいと思います。



いつ聞いても


はるかなる目標を追う素晴らしさを教えてくれるこの曲は


いつまでも後世に伝えたい、永遠の名曲だと思います!


─────────────────────────

■編集後記

─────────────────────────


「あのね~、かけっこをしたの!」


上の子が言いました。



「そうしたらね~、35人中8位だったの!」


聞いてみると


男の子と女の子が一緒の35人の中で


8位だったそうです。


だからかなり早い方です。



今まで何度か書いてきましたが


上の子は、かけっこをすると


たいがいビリでした。



しかしそれは競争心がなく


お友達に譲ってしまうためであり


運動能力自体は、人並み以上だと思っていました。



だから今回の話を聞いて


私は「やっぱり!」と思ったのでした。



さらに聞くと、マラソンでは


105人中29位だったそうです。



これも男の子と女の子が一緒での順位ですので


やっぱり上の子は速いのです。



短距離は主に筋力


長距離はそれに加えて心肺機能が


大切なのだと思いますが


今回の上の子の話を聞いて


「やっぱり、うちの子は大丈夫!」と思いました。



そして、かけっこでビリだったあの頃を思い出し


涙ぐみながら、「本当によかった」と思ったのでした。



最後までお読み頂きありがとうございました。


不動産関係は派手な情報が多いですが


私は初心者目線を大切にして行きたいと思っています。


ご質問・ご感想をいただけましたら幸いです。


─────────────────────────


男もすなる不動産投資といふものを


女もしてみむとてするなり


発行者 ゆめたか大家


ゆめたか大家の今までの道のり

http://bit.ly/yumetaka-history


まぐまぐメールマガジンの登録・解除・バックナンバー

http://www.mag2.com/m/0001569235.html


ゆめたか大家のブログ

http://yumetaka365.blog.fc2.com/


ゆめたか大家のミクシー(お友達400人)

http://bit.ly/yumetaka-mixi


ゆめたか大家のフェイスブック(お友達600人)

http://bit.ly/yumetaka-facebook


ゆめたか大家のツイッター(お友達4000人)

http://twitter.com/yumetaka365


お問い合わせ

http://bit.ly/yumetaka-inquiry

 

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yumetaka365.blog.fc2.com/tb.php/256-4017e87d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。