第266号 退職金と死亡保険金で二回利用! - 【ゆめたか大家】ゆめたか大家のメインブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第266号 退職金と死亡保険金で二回利用!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       男もすなる不動産投資といふものを


       女もしてみむとてするなり


        ~収支管理・確定申告編~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─────────────────────────

■第266号 退職金と死亡保険金で二回利用!


20130日発行

─────────────────────────


こんにちは!「ゆめたか大家」と申します。


今回は「宇宙戦艦ヤマト」をお送りします。


ゆめたかジジが、お墓にチューリップの花を添えました!


詳しくは「永遠の名曲シリーズ」と「編集後記」で♪



祝・100ダウンロードを突破しました!


「収支管理・確定申告編(不動産の経費)


減価償却や修繕費につき、詳しくまとめてあります。


節税の宝庫だと思います。


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return4



めたか大家の「今までの道のり」および


バックナンバーのまとめはこちらです!


 http://bit.ly/yumetaka-history



ゆめたか大家は


経理・会計・税金ブログランキングに参加しています!


 http://bit.ly/yumetaka-ranking


─────────────────────────

本文

─────────────────────────


前回は


小規模企業共済を


共済金B、準共済金、解約手当金


として受け取る場合の実際の手取り額および


複利運用の利率の計算をしました。


http://archive.mag2.com/0001569235/20150323120000000.html



15~20年で払い込んで


退職金(共済金B)として受け取るのは


結構お得な受け取り方だったのでした。



今回より、今までの連載を踏まえて


小規模企業共済についてまとめる予定でしたが


あるアイデアを思いつき


それを小規模企業共済に問い合わせて


OKであるとのお返事をいただきましたので


今回はその方法について書いてみたいと思います。



それは退職金を共済金Bとして受け取った後


再び小規模企業共済に加入し


死亡保険金として共済金Aを受け取るという方法です。



手順としては以下のようになります。



・50歳で小規模企業共済に入る。 


・15年間毎月70000円を支払い


 65歳で退職金(共済金B)として


 1903万円を受け取る。


・全額控除、退職金の税金、株式の税金を考慮すると


 これは積立株式で年利6.3%に相当。


http://archive.mag2.com/0001569235/20150323120000000.html



・その後、65歳で再び小規模企業共済に入る。


 そしてまた毎月70000円を支払う。 


・10年で死亡した場合の死亡保険金(共済金A)は


 951万円であり


 これは積立株式で年利10.2%に相当。


http://archive.mag2.com/0001569235/20150316120000000.html



・20年で死亡した場合の死亡保険金(共済金A)は


 2010万円であり


 これは積立株式で年利5.7%に相当。


http://archive.mag2.com/0001569235/20150316120000000.html



小規模企業共済は


共済金Aとして受け取るのが一番お得なのですが


それは死亡した場合などが適応です。



また加入に年齢制限がないので


65歳(以上)になってから加入し


短期で払い込んで


死亡保険金として共済金Aを受け取るのが


最もお得な方法であるというのが


私の結論だったのでした。


http://archive.mag2.com/0001569235/20141219120000000.html


http://archive.mag2.com/0001569235/20150316120000000.html



以上の方法に加えて


50歳から小規模企業共済に加入して


65歳になったら


年金として共済金Bを受け取るのを加えたのが


今回、ご紹介した方法です。



そして小規模企業共済に問い合わせて


教えていただいたのですが


以上のようにして


50歳で入って65歳でいったん解約して


また加入するのは可能だそうです。



このため、今回はこれを皆様にお伝えする次第です。



ただし上記の方法は、ある意味ではちょっと損です。



65歳で解約しなければ、その後も運用は続き


最終的には死亡保険金(共済金A)として


もっと多額のお金を受け取れるからです。



だから死ぬまで解約せずに頑張るというのも


考えられると思います。



しかし死ぬまで解約しないためには


老後になっても


今までの貯金や年金や家賃収入などで


自分自分が生活して行けて


さらに小規模企業共済に


毎月お金を払って行かなくてはいけません。



これが無理ならば、65歳になった時に


あるいはもう少し経ってから


退職金として共済金Bを受けることになるでしょう。



そしてその場合は


小規模企業共済に再加入する余裕はないでしょう。



だから状況に応じて解約するというのが


実際的な選択肢になると思います。



また死亡保険金の税制が変わるかもしれませんし


そうなると、根本的な再計算が必要になるでしょう。



だから今回ご紹介した方法は


確定的な方法ではないのですが


小規模企業共済に入って


50歳から65歳まで払った分は


退職金として受け取って自分のために使い


65歳から再加入して払った分は


死亡保険金として残された家族のものにする。


ということも可能である事を


頭の片隅に置いていただければと思いました。



今回は、退職金を共済金Bとして受け取った後


再び小規模企業共済に加入し


死亡保険金として共済金Aを受け取るのが


可能である事を書きました。



解約は状況に応じる必要があるものの


以上を私の小規模企業共済についての結論とし


まとめを行なおうと思ったのですが


なんと!年齢に関係なく


小規模企業共済を活用するための


素晴らしい方法を発見しました!



次回はその方法について


書いていきたいと思います。



以下、次号に続きます。



今回の内容が好感でしたら


「いいね!」の代わりにクリックをお願いします。


⇒ http://bit.ly/yumetaka-ranking

1 「運転資金を貯めている」と見なされ「自己資金の一部」と評価
─────────────────────────

■情報紹介

─────────────────────────


今回は


生命保険に関するレポートを


紹介させていただきます。



『恐怖!FP(ファイナンシャルプランナー)も語らない


 生命保険の真実』


http://mailzou.com/get.php?R=21603&M=2504



このレポート作者の玉村健悟(たまむら・けんご)さんは


株式に詳しい方ですが


それ以外にも幅広く勉強されているようです。



今回は生命保険についてのまとめですが


とてもわかりやすく書かれていると思いました。



まず冒頭では以下のように書かれています。


「正直、これは書店に売っている本よりも


 濃い情報が詰まっています。


 読み進めて行くうちに、日本の生保の恐ろしさについて


 身をもって知ることになるでしょう。」



そして本文では


「日本の生命保険は、ほとんどがダマシです。」


と書かれており


「日本と海外の生命保険の違い」から始まります。



さらに


「定期付終身保険の真実」


「医療保険の真実」


「ガン保険の真実」


と話がつながっていくのですが


私では知らない内容ばかりでした。



とても勉強になる内容だと思いましたので


ご紹介をさせていただきました。


─────────────────────────

ゆめたか大家のバックナンバー

─────────────────────────


日本政策金融公庫にて、ほぼフルローンとなった物件の


買い付け・融資・契約・引き渡し・初期管理をまとめた


「不動産取得編」はこちらです。


(連載第0号~第60号)(249ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-real_estate



不動産取得税のお得な支払いに関連して


楽天カード(JCB)およびnanacoカードの活用法をまとめた


「楽天・nanacoカード編201月改訂版」です。


(連載第61~84号、129~136号、182~192号


増補・改訂にて94ページになりました。


 http://bit.ly/yumetaka-nanaco2014Feb



「個人」の「業務的規模」の確定申告についてまとめ


10億マンション税理士さんのお話も収録した


「収支管理・確定申告編1」はこちらです。


(連載第85号~第102号)(111ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



不動産購入時の諸費用について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


(連載第104号~第128号)(163ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



不動産の収入の項目と帰属に始まり


「名義変更」「借地関係」「同一生計」についてまとめた


「収支管理・確定申告編3」はこちらです。


(連載第137号~第181号)(274ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return3



不動産所得の必要経費」ついてまとめ


修繕費」「建物価格」「減価償却」について調べた


「収支管理・確定申告編」はこちらです。


(連載第194号~第244号)(344ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return4


─────────────────────────

■ゆめたか大家の情報紹介メール

─────────────────────────


水戸大家、川崎大家、中卒大家、ソプラノ大家さんなど


有名大家さんの不動産投資に関する情報が満載の


「不動産投資の情報紹介メール」はこちらです!


 http://bit.ly/yumetaka-estate-information


厳選情報を22回に渡ってお届けします!



税理士である叶温さんやOMコンサルティングさんなどの


不動産の節税に関する情報を中心とした


「確定申告・簿記・経営・倒産の情報紹介メール」です!


⇒ 
http://bit.ly/yumetaka-tax-bookkeeping


厳選情報を20回に渡ってお届けします!


─────────────────────────

■永遠の名曲シリーズ

─────────────────────────


宇宙戦艦ヤマト


https://www.youtube.com/watch?v=D4XMeDO1PyU



アパートを購入して大家となった私は


家賃収入が入ってくるようになりました。



そして家賃収入の確定申告の勉強を始め


確定申告の基礎を


「収支管理・確定申告編1」としてまとめました。


http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



そして次に、「収支管理・確定申告編2」として


不動産売買の税務をまとめる事にしました。



そして「司法書士報酬」について調べたのですが


私はアパートを買う時に


約11万円を司法書士さんに払っていたのでした。



しかし登記は自分で行うことも出来て


そうすれば司法書士報酬は節約できたことを知り


(難しいようですが)


私はショックを受けたのでした。



しかし「宇宙戦艦ヤマト」のように


途中で傷つくことはあっても旅を続け


次回は自分で登記をしてみようと思い


「宇宙戦艦ヤマト」を採用したのでした。


http://archive.mag2.com/0001569235/20130325120000000.html



不動産購入時の諸費用について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


(連載第104号~第128号)(163ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



「宇宙戦艦ヤマト」ですが


これはもう説明不要の名作だと思います。



当時、「ヤマト」と「ガンダム」は人気を2分しており


誰もが知っていました。



するとそのうちに、評論家のような


生意気な事を言う少年も出てきます。



「ヤマトよ永遠に、で終われば名作だったのになあ~。」



ゆめたかパパの友達は


わかったような顔をして、このような事を言うのでした。



ゆめたかパパは小さい頃、ヤマトに夢中でした。


プラモデルも随分持っており


色を塗っては「
恍惚(こうこつ)」に入っていました。



ヤマトの本体はもちろんの事


ヤマトの飛行隊である「コスモ・ゼロ」


そしてガミラスの「デスラー艦」



全てがかっこよく


これらが宇宙を飛ぶ姿を思い描いていました。



そして「ヤマト」の主題歌ですが


これがまたかっこいいと思います。



「さらば~、地球よ~、旅立~つ、船は~♪


 宇宙~戦艦~、ヤ~マ~ト~♪」



人類を救うために


はるかなるイスカンダルを目指した物語と


この壮大な主題歌は


未来への情熱とロマンを伝える


永遠の名曲だと思います!


─────────────────────────

■編集後記

─────────────────────────


先日、春のお彼岸でお墓参りに行きました。



そしてお花を供えたのですが


なんと!ゆめたかジジは


「チューリップ」を買ってきて、お墓に添えました。



お墓に備える花は「菊」が定番なのですが


ゆめたかジジの名案?で


なんと「チューリップ」を添えたのでした。



「チューリップ」のおかげで


お墓の雰囲気が、春色に明るくなりました。



すると他の参拝者が「あら素敵!」と言って


ゆめたか家のお墓に手を合わせて


お祈りをしました。



そして「うちも次はチューリップにしよう!」と言って


歩いて行きました。



このように、ゆめたか家は


従来の常識や慣習にとらわれない所があります。



今回の「チューリップ」も非常識だったと思いますが


それでもご先祖様に「春の訪れ」を知らせるには


最適だと思います。



今回の出来事によって


常識よりも、ほのかな明るさを大切にするのが


ゆめたか家の伝統なのかな?と思いました。



最後までお読み頂きありがとうございました。


不動産関係は派手な情報が多いですが


私は初心者目線を大切にして行きたいと思っています。


ご質問・ご感想をいただけましたら幸いです。


─────────────────────────


男もすなる不動産投資といふものを


女もしてみむとてするなり


発行者 ゆめたか大家


ゆめたか大家の今までの道のり

http://bit.ly/yumetaka-history


まぐまぐメールマガジンの登録・解除・バックナンバー

http://www.mag2.com/m/0001569235.html


ゆめたか大家のブログ

http://yumetaka365.blog.fc2.com/


ゆめたか大家のミクシー(お友達400人)

http://bit.ly/yumetaka-mixi


ゆめたか大家のフェイスブック(お友達600人)

http://bit.ly/yumetaka-facebook


ゆめたか大家のツイッター(お友達4000人)

http://twitter.com/yumetaka365


お問い合わせ

http://bit.ly/yumetaka-inquiry

 

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yumetaka365.blog.fc2.com/tb.php/268-af365116

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。