第273号 小規模企業共済のまとめ2 - 【ゆめたか大家】ゆめたか大家のメインブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第273号 小規模企業共済のまとめ2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       男もすなる不動産投資といふものを


       女もしてみむとてするなり


        ~小規模企業共済編~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─────────────────────────

■第273号 小規模企業共済のまとめ2


20118日発行

─────────────────────────


こんにちは!「ゆめたか大家」と申します。


今回は「デビルマン」をお送りします。


上の子が、大人のチャーハン1人前を食べました!


詳しくは「永遠の名曲シリーズ」と「編集後記」で♪



祝・100ダウンロードを突破しました!


「収支管理・確定申告編(不動産の経費)


減価償却や修繕費につき、詳しくまとめてあります。


節税の宝庫だと思います。


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return4



めたか大家の「今までの道のり」および


バックナンバーのまとめはこちらです!


 http://bit.ly/yumetaka-history



ゆめたか大家は


経理・会計・税金ブログランキングに参加しています!


 http://bit.ly/yumetaka-ranking


─────────────────────────

本文

─────────────────────────


前回は


小規模企業共済のまとめとして


1 小規模企業共済の概要


2 小規模企業共済の特典


3 小規模企業共済の加入条件


について書きました。



掛け金が全額、所得控除になるのが特典で


加入条件は、夫の扶養に入っていない事であり


また再加入も可能で、加入に年齢制限がないのでした。



あと前回の補足なのですが


小規模企業共済は、掛け金を前納すると


最大0.9%の割引があるそうです。


http://www.smrj.go.jp/skyosai/qa/nofu/000338.html



3月に1年分の前納を行なうと


この割引を最大に利用できて0.9%の割引になるのですが


12月に1年分を前納しても0.6%お得な計算でした。


具体的な計算式は、以下をご参照下さい。


http://www.smrj.go.jp/skyosai/qa/nofu/000338.html



以上で前回の補足を終了し


今回は、以下について書いていきます。



4 基礎共済金と付加共済金


5 小規模企業共済の解約方法と受取金


6 小規模企業共済の受取金と税金



【4 基礎共済金と付加共済金】



小規模企業共済からお金を受け取る場合は


基礎共済金+付加共済金


を受け取る事になっています。


http://www.smrj.go.jp/skyosai/051298.html



大ざっぱに書くと、以下のような説明になります。


・基礎共済金:振り込んだ元金


・付加共済金:利子



付加共済金は、年利1%です。


http://www.smrj.go.jp/skyosai/051302.html



「掛け金は全額所得控除」と合わせると


小規模企業共済はとてもよい制度に見えます。



掛け金が全額所得控除になった上に


元金と利子が受けるれるのですから


大変お得に見えると思います。



しかし以下のような複雑な仕組みのため


そう簡単ではないのです。



【5 小規模企業共済の解約方法と受取金】



小規模企業共済からお金を受け取る場合は


請求事由によって、以下の4通りに分類されています。


http://www.smrj.go.jp/skyosai/051298.html#kyosai3



(共済金A)


・個人事業を廃業した場合


・配偶者・子以外に個人事業の全部を譲渡した場合


・共済契約者の方が亡くなられた場合


(共済金B)


・180ヶ月以上払い込んで解約時65歳以上の場合


(準共済金)


・配偶者・子に個人事業の全部を譲渡した場合


(解約手当金)


任意解約



共済金A>共済金B>準共済金>解約手当金


の順に、基礎共済金が高くなるのですが


ここで注意点があります。


http://www.smrj.go.jp/skyosai/051298.html#kyosai4


http://www.smrj.go.jp/skyosai/051303.html



個人事業を廃業すれば「共済金A」になるのですが


不動産賃貸業の場合は


賃貸用不動産を全て他人に売らないと


「共済金A」にならないのです。



配偶者や子供に賃貸用不動産を譲渡した場合は


金額が2ランク落ちて「準共済金」になってしまうのです。



またそもそも親族内の不動産のやり取りは通常


譲渡ではなく相続です。



だから不動産の場合は


共済金Aを退職金として受け取るのは事実上不可能で


共済金Aは死亡保険金として受け取るしかないでしょう。


(経営に失敗して賃貸物件を全て他人に売れば


 共済金Aを受け取れますが・・・)



しかし180ヶ月(15年)以上払い込んで65歳になれば


1ランク落ちますが「共済金B」を受け取れますので


これなら退職金と見なせると思います。



「経営者にも退職金を!」というスローガンの


小規模企業共済ですが


退職金として「共済金B」を受け取るより


死亡保険金として「共済金A」を受け取る方が


良いのでした。



ランクが一番下の「解約手当金」は


さらに注意が必要です。



20年以内で「解約手当金」を受け取る場合は


基礎共済金が元本割れしてしまうのです。


http://www.smrj.go.jp/skyosai/051303.html



このため、20年経たないとお金を自由にできないので


「小規模企業共済は資金を20年凍結」


と書かれています。


http://smart-setuzei.com/post-207/



【6 小規模企業共済の受取金と税金】



小規模企業共済は


掛け金は全額控除になりますが


受取金には税金がかかってきます。



そして、どのような事由でどのように受け取るかによって


税法上の扱いが異なっています。


http://www.smrj.go.jp/skyosai/qa/kyosaikin/000372.html



以下に主なものを挙げておきます。



・契約者が死亡して遺族が受けとる→みなし相続財産


https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4105.htm


https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm


https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4114.htm



みなし相続財産は相続税、所得税、贈与税の


どれかが課せられますが、多くは相続税になるでしょう。


https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm


http://www2.odn.ne.jp/~cjj30630/minashi.html



みなし相続財産の相続税の計算では


500万円×法定相続人の数という控除がありますので


妻1人、子供2人なら、1500万円を超えた分に


相続税が課せられます。



以上、契約者が死亡して


遺族が受けとる場合の課税について書きましたが


その他の場合の主な課税は以下の通りです。



・一括で受け取る→退職所得


・65歳以上で任意解約→退職所得


・65歳未満で任意解約→一時所得



退職所得なら


退職所得控除を引いた半分に課税されますので


税制的に優遇されます。


https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1420.htm



しかし一時所得は


一時所得控除50万円があるだけですので


税制的に優遇されていません。


https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm



今回は、以下について書きました。



4 基礎共済金と付加共済金


5 小規模企業共済の解約方法と受取金


6 小規模企業共済の受取金と税金


長くなりましたので、今回のまとめを行います。



・小規模企業共済からお金を受け取る場合は


 基礎共済金+付加共済金を受け取る。


・基礎共済金は


 解約事由によって4通りに分類されており


 金額が異なる。


・20年以内の任意解約は


 基礎共済金が元本割れする。


・付加共済金はいわゆる利子で、利率は1%。


・基礎共済金+付加共済金を受け取ると税金がかかるが


 どのような事由で、どのように受け取ったかによって


 税法上の扱いが異なる。



以上が小規模企業共済の受取金に関する全体像です。



私の知る限り、小規模企業共済の説明サイトで


以上を全て網羅して説明したものはありません。



そこで次回は


7 実際の受取額と株式との比較


にて、何例かの計算を行い


また株式との比較をしてみたいと思います。



以下、次号に続きます。



今回の内容が好感でしたら


「いいね!」の代わりにクリックをお願いします。


⇒ http://bit.ly/yumetaka-ranking

1 「運転資金を貯めている」と見なされ「自己資金の一部」と評価される。
─────────────────────────

■情報紹介

─────────────────────────


今回は


小規模企業共済と経営者セーフティ共済を


比較したサイトをご紹介させていただきます。



『賢い経営者の実践する節税』


http://smart-setuzei.com/post-207/



このサイトは


さくらコンサルティングさんによって作成されました。



多くの税理士さんが


「小規模企業共済はお得!」と勧める中


このサイトでは、かなり異なった事が書かれています。



この中では、(節税の)優先順位は


1、経営セーフティー共済


2、生命保険


3、4、5あたりで小規模企業共済


の順番と書かれています。



セーフティー共済は、任意解約であっても


40ヶ月で元金が100%戻ってきますので


小規模企業共済よりはるかに良いのでした。



「小規模企業共済はお得です!」


と書かれているサイトが多い中


このサイトはとても勉強になると思います。


─────────────────────────

ゆめたか大家のバックナンバー

─────────────────────────


日本政策金融公庫にて、ほぼフルローンとなった物件の


買い付け・融資・契約・引き渡し・初期管理をまとめた


「不動産取得編」はこちらです。


(連載第0号~第60号)(249ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-real_estate



不動産取得税のお得な支払いに関連して


楽天カード(JCB)およびnanacoカードの活用法をまとめた


「楽天・nanacoカード編201月改訂版」です。


(連載第61~84号、129~136号、182~192号


増補・改訂にて94ページになりました。


 http://bit.ly/yumetaka-nanaco2014Feb



「個人」の「業務的規模」の確定申告についてまとめ


10億マンション税理士さんのお話も収録した


「収支管理・確定申告編1」はこちらです。


(連載第85号~第102号)(111ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



不動産購入時の諸費用について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


(連載第104号~第128号)(163ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



不動産の収入の項目と帰属に始まり


「名義変更」「借地関係」「同一生計」についてまとめた


「収支管理・確定申告編3」はこちらです。


(連載第137号~第181号)(274ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return3



不動産所得の必要経費」ついてまとめ


修繕費」「建物価格」「減価償却」について調べた


「収支管理・確定申告編」はこちらです。


(連載第194号~第244号)(344ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return4


─────────────────────────

■ゆめたか大家の情報紹介メール

─────────────────────────


水戸大家、川崎大家、中卒大家、ソプラノ大家さんなど


有名大家さんの不動産投資に関する情報が満載の


「不動産投資の情報紹介メール」はこちらです!


 http://bit.ly/yumetaka-estate-information


厳選情報を22回に渡ってお届けします!



税理士である叶温さんやOMコンサルティングさんなどの


不動産の節税に関する情報を中心とした


「確定申告・簿記・経営・倒産の情報紹介メール」です!


⇒ 
http://bit.ly/yumetaka-tax-bookkeeping


厳選情報を20回に渡ってお届けします!


─────────────────────────

■永遠の名曲シリーズ

─────────────────────────


デビルマン


https://www.youtube.com/watch?v=hTVj-4uiOt4



アパートを購入して大家となった私は


家賃収入が入ってくるようになりました。



そして家賃収入の確定申告の勉強を始め


確定申告の基礎を


「収支管理・確定申告編1」としてまとめました。


http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



そして次に、「収支管理・確定申告編2」として


不動産売買の税務をまとめる事にしました。



そして「固定資産税精算金」について調べました。



固定資産税は


1月1日の物件の所有者に課せられるのですが


このため4月1日に物件を売った場合は


買い主は4月~12月分の固定資産税を


売主に払うのが慣習になっていたのでした。



しかし売主に対して


固定資産税の清算をしないように求める事も可能で


交渉次第であることを知ったのでした。



でも固定資産税の清算をしないように交渉すると


悪魔のように思われるかもしれないなあと思い


「デビルマン」を採用したのでした。


http://archive.mag2.com/0001569235/20130424120000000.html



不動産購入時の諸費用について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


(連載第104号~第128号)(163ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



「デビルマン」ですが


なんだか怖いなあと思いつつ


それでも見ていたのを覚えています。



ヒーロー物のような仕立てですが


今までのアニメとは一線を画しています。



「裏切り者の~、名を受けて~


 全てを捨てて~、戦う男~」


「デビルアローは超音波、デビルーイヤは地獄耳


 デビルウイングは空を飛び、デビルビームは熱光線」


「悪魔の力、身につけた~


 正義のヒーロー、デビルマ~ン、デビルマ~ン」



この歌は友達が大好きで


困った歌だなあと思っていたのですが


友達は爽快な表情で何度も歌うのでした。



怖そうな雰囲気の中に


悲しさと激しさと正義を感じさせてくれるこの曲は


永遠の名曲だと思います!


─────────────────────────

■編集後記

─────────────────────────


ある日、子供たちと食事に行きました。



いつもはお子様メニューを頼むのですが


上の子は「大人のメニューがいい」と言い出しました。


そしてチャーハンを頼みました。



どうなるのかな?と思って見ていたのですが


上の子は頑張ります!



食べて、食べて、また食べて・・・。


とうとう、大人のチャーハン一人前を


食べきってしまいました!



上の子も


「大人のチャーハン、全部食べた!」


と言って、大喜びです!



「まだ小さい、まだ子供だ」と思っていたのですが


上の子は、いつの間にかここまで成長していたのでした。



子供の食べる量は気まぐれですので


少ない事もあるのですが


それでもこの日は


子供の確かな成長を感じることが出来たのでした。



最近は下の子もけっこう食べるのですが


2人とも、よく食べて


元気に大きくなってほしいと思いました。



最後までお読み頂きありがとうございました。


不動産関係は派手な情報が多いですが


私は初心者目線を大切にして行きたいと思っています。


ご質問・ご感想をいただけましたら幸いです。


─────────────────────────


男もすなる不動産投資といふものを


女もしてみむとてするなり


発行者 ゆめたか大家


ゆめたか大家の今までの道のり

http://bit.ly/yumetaka-history


まぐまぐメールマガジンの登録・解除・バックナンバー

http://www.mag2.com/m/0001569235.html


ゆめたか大家のブログ

http://yumetaka365.blog.fc2.com/


ゆめたか大家のミクシー(お友達400人)

http://bit.ly/yumetaka-mixi


ゆめたか大家のフェイスブック(お友達600人)

http://bit.ly/yumetaka-facebook


ゆめたか大家のツイッター(お友達4000人)

http://twitter.com/yumetaka365


お問い合わせ

http://bit.ly/yumetaka-inquiry

 

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yumetaka365.blog.fc2.com/tb.php/288-fe76be87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。