第276号 小規模企業共済のまとめ5 - 【ゆめたか大家】ゆめたか大家のメインブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第276号 小規模企業共済のまとめ5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       男もすなる不動産投資といふものを


       女もしてみむとてするなり


        ~小規模企業共済編~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─────────────────────────

■第276号 小規模企業共済のまとめ5


201日発行

─────────────────────────


こんにちは!「ゆめたか大家」と申します。


今回は「未来のミュージアム」をお送りします。


上の子が「え~でる、すなば」で遊びました!


詳しくは「永遠の名曲シリーズ」と「編集後記」で♪



「収支管理・確定申告編(28ページより)


土地が親の名義で、建物が子供の名義の場合


土地の固定資産税は子供の経費にできます!


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return4



めたか大家の「今までの道のり」および


バックナンバーのまとめはこちらです!


 http://bit.ly/yumetaka-history



ゆめたか大家は


経理・会計・税金ブログランキングに参加しています!


 http://bit.ly/yumetaka-ranking


─────────────────────────

本文

─────────────────────────


前回は


8 小規模企業共済の注意点と活用法


のうち


A 掛け金を金融機関がどのように評価するか


B 契約者貸付制度を利用して規模拡大?


について書きました。


http://archive.mag2.com/0001569235/20150601120000000.html



掛け金を大きくするとB/Sはマイナスになりますが


金融機関は掛け金をP/Lとして評価してくれるので


これを利用して物件の規模を拡大する事も


可能なのでした。



今回は


8 小規模企業共済の注意点と活用法


のうち


C 退職金と死亡保険金で2回活用


D 65歳で加入して相続税対策


について書いていきます。



【8 小規模企業共済の注意点と活用法】



C 退職金と死亡保険金で2回活用



小規模企業共済は


払い込む時は全額控除になるのですが


受け取る時はかなりの税金がかかり


また利率が1%と低いので


長期間に渡って払い込むと


大した利率ではないのでした。



しかし短期なら利率の低さよりも


全額控除が生きてきますし


また退職金や死亡保険金の


控除も活用できるようになります。



退職金の控除額は


勤続年数によって大きくなって行きますが


死亡保険金の控除額は年数に関係なく


法定相続人の人数×500万円と決まっており


これ以上になると相続税がかかってきます。



小規模企業共済は


死亡保険金として共済金Aを受け取るのが


金額的には一番高いのですが


死亡保険金の控除額は期間と関係ないので


長期間払い込んで


ある一定の金限を超えると


超えた分が全額、課税対象になってしまいます。



このため、これがどうにかならないか考えました。



ところで小規模企業共済は


再加入が可能で


また加入に年齢制限がないのでした。



そこで以下のような方法を考えました。


それは退職金を共済金Bとして受け取った後


再び小規模企業共済に加入し


死亡保険金として共済金Aを受け取るという方法です。



手順としては以下のようになります。



・50歳で小規模企業共済に入る。


・15年間毎月70000円を支払い


 65歳で退職金(共済金B)として受け取る。


・これは積立株式で年利6.3%に相当。



15年以上払い込んで65歳になった時に


共済金Bを受け取ることができますので


15年で計算しました。


複利計算で6.3%なら、バブル期なみですよね!



また退職所得控除は1年分で40万円が基本ですので


1ヶ月33000円(1年396000円)の支払いなら


退職金が全額所得控除になりますので


利率はもっと上がります。



・その後、65歳で再び小規模企業共済に入る。


 そしてまた毎月70000円を支払う。


・10年で死亡した場合の死亡保険金(共済金A)は


 積立株式で年利10.2%に相当。


・15年で死亡した場合の死亡保険金(共済金A)は


 積立株式で年利7.5%に相当。


・20年で死亡した場合の死亡保険金(共済金A)は


 積立株式で年利5.7%に相当。



以上は、法定相続人が3人で


死亡保険金の控除額が1500万円で計算しています。



この場合は


15年払い込んで受取額が1500万円を超えると


それ以降は利率が下がります。



しかし65歳で加入して15年ならば80歳ですので


この辺りが妥当ではないでしょうか。



以上のようにして


退職金と死亡保険金で2回活用をするのが


退職金控除と死亡保険金控除を両方利用した


小規模企業共済のお得な活用法だと思いました。



しかし上記の方法は、現実的には難しいかもしれません。



というのは、65歳以上になっても


小規模企業共済に毎月7万円を払うためには


今までの貯金や年金や家賃収入などで


自分自分が生活して行けて


さらに余裕がないといけません。



これが無理ならば、65歳になった時に


あるいはもう少し経った後に


退職金として共済金Bを受けることになるでしょう。



そしてその後は


小規模企業共済に再加入する余裕はないでしょう。



だから状況に応じて解約するというのが


実際的な選択肢になると思います。



だから今回ご紹介した方法は


確定的な方法ではないのですが


小規模企業共済に入って


50歳から65歳まで払った分は


退職金として受け取って自分のために使い


65歳から再加入して払った分は


死亡保険金として残された家族のものにする。


ということも可能である事を


頭の片隅に置いていただければと思いました。



D 65歳で加入して相続税対策



先程の例では


65歳になった時点での財産状況で


小規模企業共済に再加入するかどうか


という話を書きましたが


大変裕福で


高額な相続税がかかってくるのが確実な場合は


65歳からでも小規模企業共済に入ると良いでしょう。



この場合は、再加入でもよいですし


初めての加入でも相続税対策になります。



それは相続税対策として


一般的な相続税控除の他に


死亡保険金控除を利用するためです。



以下のサイトでは


相続財産が8800万円だった場合


そのままでは相続税680万円になるのですが


死亡保険金控除1500万円を活用すると


相続税は90万円になることが書かれており


その差は590万円!であると計算されています。


http://hoken-connect.jp/column/souzoku-soudan/14/



このように生命保険を利用した節税は有効なのですが


65歳で生命保険に入るのは難しいでしょう。



ところが小規模企業共済は加入に年齢制限がないので


65歳でも加入できるのです!



このため、65歳からでも


上記の節税が可能になるのです!



しかし上記の計算は


一般的な生命保険を利用した場合です。



そこで小規模企業共済の場合はどうなるのか


計算してみました。



・所得税20%住民税10%の人が


 65歳で小規模企業共済に入って


 月70000円を支払う事にした。


 実際の負担は70000円×0.7=49000円。


・この人が15年支払って死亡した。


 この場合は、以下の金額が支払われる。


 基礎共済金:1408万円


 付加共済金:106万円


 合計1514万円


・妻1人子供2人のため、死亡保険金は


 500万円×3=1500万円まで無税。


・すると上記の1514万円は


 ほぼ無税で受け取ることができる。


・実際の払い込みは


 49000円×12ヶ月×15年=882万円なので


 632万円のプラスで約72%増えた事になり


 これは毎月49000円の積立株式で


 利率7.5%に相当。



複利で利率7.5%なんて、すごいと思いませんか?


しかも上記の計算は


相続税がかからない人であっても有効なことに


ご注目下さい。



そして相続税がかかる人であれば


さらに節税効果が生まれるのです!



・この15年間で882万円を払っているので


 相続財産が882万円減っている。


 だから相続税の実効税率が20%であれば


 相続税が176万円減らせた事になる。


・これも加味すると


 15年間で882万円払って


 632万+176万=808万円のプラスになり


 毎月49000円の積立株式で利率9.0%に相当。



この時代に、複利計算で9.0%!


これってすごくありませんか?



以上は65歳で加入して


80歳で死亡することを想定していますので


妥当な計算だと思います。



また所得税率や相続税率がもっと高い人であれば


複利で利率10%超えもありうるのです!



だから相続税の節税目的で


65歳くらいから小規模企業共済に入るというのは


大変有効な方法だと思います。



今回は


8 小規模企業共済の注意点と活用法


のうち


C 退職金と死亡保険金で2回活用


D 65歳で加入して相続税対策


について書きました。



これが小規模企業共済についての


私の結論と思ったのですが


その後、さらに素晴らしい方法?を発見したのでした。



次回は


8 小規模企業共済の注意点と活用法


のうち


E 1年で解約して再加入


について書いていきます。



以下、次号に続きます。



今回の内容が好感でしたら


「いいね!」の代わりにクリックをお願いします。


⇒ http://bit.ly/yumetaka-ranking

1 「運転資金を貯めている」と見なされ「自己資金の一部」と評価され
─────────────────────────

■情報紹介

─────────────────────────


今回は


生命保険を利用した相続税対策に関するサイトを


ご紹介させていただきます。



『生命保険で相続税対策をする時に知るべき


 2つのポイント』


http://hoken-connect.jp/column/souzoku-soudan/14/



このサイトは、保険コネクトという


保険代理店さんが作成されました。



生命保険で相続税対策をする際の


概要および注意点が、よく書かれています。


また見やすいのが嬉しいと思いました。



平成27年1月1日より


相続税の基礎控除額が40%縮小しまたので


生命保険による相続税控除は


今後、重要性がますます高まるでしょう。



その勉強の第一歩として


このサイトは目を通しておかれるとよいと思います。


─────────────────────────

ゆめたか大家のバックナンバー

─────────────────────────


日本政策金融公庫にて、ほぼフルローンとなった物件の


買い付け・融資・契約・引き渡し・初期管理をまとめた


「不動産取得編」はこちらです。


(連載第0号~第60号)(249ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-real_estate



不動産取得税のお得な支払いに関連して


楽天カード(JCB)およびnanacoカードの活用法をまとめた


「楽天・nanacoカード編201月改訂版」です。


(連載第61~84号、129~136号、182~192号


増補・改訂にて94ページになりました。


 http://bit.ly/yumetaka-nanaco2014Feb



「個人」の「業務的規模」の確定申告についてまとめ


10億マンション税理士さんのお話も収録した


「収支管理・確定申告編1」はこちらです。


(連載第85号~第102号)(111ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



不動産購入時の諸費用について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


(連載第104号~第128号)(163ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



不動産の収入の項目と帰属に始まり


「名義変更」「借地関係」「同一生計」についてまとめた


「収支管理・確定申告編3」はこちらです。


(連載第137号~第181号)(274ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return3



不動産所得の必要経費」ついてまとめ


修繕費」「建物価格」「減価償却」について調べた


「収支管理・確定申告編」はこちらです。


(連載第194号~第244号)(344ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return4


─────────────────────────

■ゆめたか大家の情報紹介メール

─────────────────────────


水戸大家、川崎大家、中卒大家、ソプラノ大家さんなど


有名大家さんの不動産投資に関する情報が満載の


「不動産投資の情報紹介メール」はこちらです!


 http://bit.ly/yumetaka-estate-information


厳選情報を22回に渡ってお届けします!



税理士である叶温さんやOMコンサルティングさんなどの


不動産の節税に関する情報を中心とした


「確定申告・簿記・経営・倒産の情報紹介メール」です!


⇒ 
http://bit.ly/yumetaka-tax-bookkeeping


厳選情報を20回に渡ってお届けします!


─────────────────────────

■永遠の名曲シリーズ

─────────────────────────


未来のミュージアム


https://www.youtube.com/watch?v=OgrbvRS4Ftw



アパートを購入して大家となった私は


家賃収入が入ってくるようになりました。



そして家賃収入の確定申告の勉強を始め


確定申告の基礎を


「収支管理・確定申告編1」としてまとめました。


http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



そして次に、「収支管理・確定申告編2」として


不動産売買の税務をまとめる事にしました。



そして「保証料の税務処理」について調べました。



保証料の支払い方法には


「一括払い」と「金利上乗せ」があるのですが


特に「金利上乗せ」の場合は


税務処理が面倒なのでした。



しかし手順を追っていけば


「キミにも、できるはずさ!」と思いましたので


「未来のミュージアム」を採用したのでした。


http://archive.mag2.com/0001569235/20130501120000000.html



不動産購入時の諸費用について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


(連載第104号~第128号)(163ページ)


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



「未来のミュージアム」ですが


ドラえもんの映画主題歌になっており


子供たちにも大人気で


うちの子もすぐ覚えて歌ったのでした。



「ミュージアム、ミュージアム、かけが~えの~な~い~♪」


子供たちは「ニコニコ」で歌うのですが


私には、その満面の笑顔こそが


「かけがえのない笑顔」だと思いました。



「大切な、未来を~、つ~なぐ~、ひみつミュージアム♪」


子供たちに未来をつなぐのは


私たち大人の大切な使命だと思います。



この曲はなんとも不思議な曲ですが


ほのかなファンタジーと、未来への夢を感じさせてくれる


永遠の名曲だと思います!


─────────────────────────

■編集後記

─────────────────────────


先日、東京都江東区の北砂のアリオに行きました。



ここには、いろいろな乗り物やゲームがあるのですが


上の子が「これやりたい!」と言いました。



それは「え~でる、すなば」というものでした。


https://www.youtube.com/watch?v=kXJBbgHOMpc



初めて見るもので


遊び方もわからなかったのですが


上の子が「やりたい!」というので、お金を入れました。



すると上から蛍光が出てきて


砂場に絵のような風景が現れました!


「え~でる、すなば」とは


「絵の出る砂場」という意味だったのです!



上の子は、きれいな色の中で


砂場をかき回して遊びました。


もう夢中で「ニコニコ」です!



また「かぶと虫」や「くわがた」というボタンがあって


これを押すと「かぶと虫」や「くわがた」が映し出されます。



そして、どういう仕組みか


この「かぶと虫」や「くわがた」は


触ると逃げ出すのです!



これには上の子も面白がって


なんども「かぶと虫」や「くわがた」をポンポンするのでした。



今回は新しいゲームで遊んだ上の子でしたが


子供の遊びも進化したなあと思いました。



「え~でる、すなば」の普及具合はわかりませんが


見かけましたら、一度遊んでみてはいかがでしょうか。



最後までお読み頂きありがとうございました。


不動産関係は派手な情報が多いですが


私は初心者目線を大切にして行きたいと思っています。


ご質問・ご感想をいただけましたら幸いです。


─────────────────────────


男もすなる不動産投資といふものを


女もしてみむとてするなり


発行者 ゆめたか大家


ゆめたか大家の今までの道のり

http://bit.ly/yumetaka-history


まぐまぐメールマガジンの登録・解除・バックナンバー

http://www.mag2.com/m/0001569235.html


ゆめたか大家のブログ

http://yumetaka365.blog.fc2.com/


ゆめたか大家のミクシー(お友達400人)

http://bit.ly/yumetaka-mixi


ゆめたか大家のフェイスブック(お友達600人)

http://bit.ly/yumetaka-facebook


ゆめたか大家のツイッター(お友達4000人)

http://twitter.com/yumetaka365


お問い合わせ

http://bit.ly/yumetaka-inquiry

 

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yumetaka365.blog.fc2.com/tb.php/297-1acbc3a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。