第145号 土地の無償返還という制度 - 【ゆめたか大家】ゆめたか大家のメインブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第145号 土地の無償返還という制度

=========================

       男もすなる不動産投資といふものを


       女もしてみむとてするなり


        ~収支管理・確定申告編~

=========================

―――――――――――――――――――――――――

第14号 土地の無償返還という制度


2013年日発行

―――――――――――――――――――――――――


こんにちは!「ゆめたか大家」と申します。



自衛隊大家さんのご著書のP67に


ゆめたか大家のコメントが(2行ですが)掲載されました!


以下は、ゆめたか大家の書いた書評です。


⇒ http://bit.ly/yumetaka-jieitai_review



ゆめたか大家の「今までの道のり」および


バックナンバーのまとめはこちらです。


 http://bit.ly/yumetaka-history



ゆめたか大家の「イラスト集」を作ってみました。


よろしければご覧になって下さい。


 http://bit.ly/yumetaka-picture


―――――――――――――――――――――――――

本文

―――――――――――――――――――――――――


は、土地の所有者が「個人」で


土地を借りる人も「個人」である場合の


土地の「使用貸借」について書きました。



今回の音楽は


となりのトトロの「さんぽ」にしました。


http://www.youtube.com/watch?v=ib-7Cpn8oIA


右クリックで「新しいウィンドウ」で開いて下さい。



今回は土地の所有者が「個人」で


土地を借りる人が「法人」である場合の


土地の「使用貸借」について書きます。



しかしこれを説明する前に


土地を「賃貸借」する場合の


一般的な流れを説明させていただきます。



まず通常の借地契約(土地の賃貸借契約)においては


土地を借りる人が


最初に土地価格の70%くらいを「権利金」として支払い


その後、固定資産税の2~3倍を毎年「地代」として


支払います。



しかし借地の契約が終わった場合は


今度は土地を借りていた人が「立退料」を受け取って


土地を返すことになっています。


http://www.mikiya.gr.jp/eviction.html



この「立退料」ですが


おおむね土地価格
の70%くらいだそうです。


http://www.mikiya.gr.jp/eviction.html



だから土地を借りる人が最初に払う「権利金」は


事実上の預かり金のようなものであり


最後には「立退料」として返してもらえるのです。



しかし土地を借りる人が


最初に「権利金」を支払わない代わりに


最後に土地を返還するときに「立退料」を受け取らず


無償で土地を返還する事を


契約書に盛り込むことが許されています。



これが「土地の無償返還」という制度であり


届出が必要になっています。


http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hojin/annai/1554_48.htm



この届出をする目的はズバリ


最初に権利金(高い)を支払わないようにする事だそうです。


http://oshiete1.watch.impress.co.jp/qa2228015.html



ところで以下の国税庁のHPでは


「土地の無償返還」は


法人が土地を所有している時の制度となっています。


http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hojin/annai/1554_48.htm



しかし以下の東京メトロポリタン税理士法人のサイトでは


土地を所有している個人が法人に土地を貸す場合に


「土地の無償返還」を届ける事について書かれています。


https://www.tm-tax.com/information/souzoku/souzoku051.html



この点につき、私は国税庁に電話をしてみました。


そして
「土地の無償返還」は


法人が土地を貸す、もしくは法人が土地を借りる場合に


適応があると教えていただきました。



つまり個人が個人へ土地を貸す場合以外は


「土地の無償返還」の適応があるそうです。



ちなみに個人が個人へ土地を貸す場合は


「土地の無償返還」の書類を作って税務署に持っていっても


受け取ってもらえないでしょうと言われました。



でも個人間で「土地の無償返還」という


契約をすること自体は許されているので


個人間で「土地の無償返還」を行うのならば


契約書にその旨を記載しておけばよいでしょう


と教えていただきました。



しかし「使用貸借」にて契約を結んでいれば


そもそも立退料のやり取りが必要ないそうです。


http://www.hou-nattoku.com/consult/1077.php


http://questionbox.jp.msn.com/qa4160684.html



だから「使用貸借」としておけば


借りる人は「権利金」も「地代」を払う必要がなく


貸す人は退去時の「立退料」を払う必要がないので


そもそも「土地の無償返還」という届出は不要なのですね。



さて本題に戻ります。


「個人」の土地を「法人」が借りる場合ですが


「土地の無償返還」にて


「立退料」をゼロにする代わりに「権利金」をゼロにできます。



しかしその場合は


「通常の地代」(固定資産税の2~3倍)ではなく


「相当の地代」(固定資産税の4~5倍)


を支払うことになっています。


http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hojin/annai/1554_48.htm



ところがある専門書では


「土地の無償返還」を提出して


「個人」の土地を「法人」が借りる場合でも


地代は固定資産税の2~3倍でもよく


無償でもよいと書いてあったのでした。



「土地の無償返還」にて


「権利金」と「立退料」がゼロになったあげく


「地代」が無償でよいならば


個人間の「使用賃貸」と同じなのですが


これが「個人」の土地を「法人」が借りる場合でも


許されているのでしょうか?



次回はこの点について書いて行きます。



話が込み入って来ましたが


調べ物をするのが楽しくなってきたので


「あるくの~、だいすき~♪、どんどん、ゆ~こ~う♪」


というように、頑張って行こうと思います。



以下、次号に続きます。



ゆめたか大家が


経理・会計・税金ブログランキングに参加してみました!


http://bit.ly/yumetaka-ranking


―――――――――――――――――――――――――

情報紹介

―――――――――――――――――――――――――


今回ゴーゴー大家さん(並木ゆきのりさん


無料レポートを紹介させていただきます。



『貧乏サラリーマンが


 4年で5億5千万のビルオーナーになる方法』


http://mailzou.com/get.php?R=47120&M=25048



ゴーゴー大家さんは


5年で10億円以上の資産を築かれた大家さんです。



そして
これはすごい内容の無料レポートです!


「光速不動産投資法」で名高い


今田信宏さんの手法の実践編と言ってよいと思います。



途中で少し邪道?のような話も出るのですが


それも読んでおかれた方がよいと思います


―――――――――――――――――――――――――

今週の情報紹介

―――――――――――――――――――――――――


皆さんは「月刊・満室経営新聞」をご存知でしょうか。


不動産投資家である寺尾恵介さんが編集長を務める


無料の月刊PDF新聞です。



毎月15日に発行されますが


その月の10日までに登録しないと


その月の号は送られて来ないそうです。



今月号は、以下の特集が組まれる予定です。


大家さんのための金融機関攻略 融資大特集」



さらに豪華執筆陣の連載もあるのですが


それも含めて「満室経営新聞」の紹介を書いてみました。


http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-17.html


これは購読されておいた方がよいと思います。


―――――――――――――――――――――――――

■ゆめたか大家の無料レポート

―――――――――――――――――――――――――


日本政策金融公庫より、ほぼフルローンで購入した物件の


買い付け・融資・契約・物件引き渡し・初期管理をまとめた


「不動産取得編」はこちらです。


⇒ http://bit.ly/yumetaka-real_estate



不動産取得税のお得な支払いに関連して


楽天カード(JCB)およびnanacoカードの活用法をまとめた


「楽天・nanacoカード編2013年3月改訂版」はこちらです。


⇒ http://bit.ly/yumetaka-nanaco2013Mar



「個人」の「業務的規模」の確定申告についてまとめ


10億マンション税理士さんのお話も収録した


「収支管理・確定申告編1」はこちらです。


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



不動産購入時の諸費用について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



安いガソリンスタンドの探し方と


会員価格のためのカードについて調べた


「ガソリンスタンド編」はこちらです。


⇒ http://bit.ly/yumetaka-gas_station


―――――――――――――――――――――――――

編集後記

―――――――――――――――――――――――――


先日、上の子がソファーでジャンプしながら


「生まれてきて、よかった~!」と言いました。



「生まれてきて何がよかったの?」


「ママが絵本よんでくれるし~♪


 パパもおんぶとか、だっこしてくれるし~♪」



要するに人との「触れ合い」なのですね。



下の子はまだそういった事はわからないのですが


同じ気持ちだと思います。



そしてこれは大人でも同じあり


「触れ合い」を大切にするというのは


あらゆる物事の出発点なのだろうと思いました。



最後までお読み頂きありがとうございました。


不動産関係は派手な情報が多いですが


私は初心者目線を大切にして行きたいと思っています。


ご質問・ご感想をいただけましたら幸いです。


―――――――――――――――――――――――――


男もすなる不動産投資といふものを女もしてみむとてするなり


発行責任者 ゆめたか大家


ゆめたか大家の今までの道のり

http://bit.ly/yumetaka-history


まぐまぐメールマガジンの登録・解除

http://www.mag2.com/m/0001569235.html


ゆめたか大家のブログ

http://yumetaka365.blog.fc2.com/


ゆめたか大家のツイッター

http://twitter.com/yumetaka365


お問い合わせ

http://bit.ly/yumetaka-inquiry

―――――――――――――――――――――――――

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yumetaka365.blog.fc2.com/tb.php/31-11ee0c80

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。