月刊・満室経営新聞 - 【ゆめたか大家】ゆめたか大家のメインブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊・満室経営新聞

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       男もすなる不動産投資といふものを


       女もしてみむとてするなり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――

■不動産の最新情報を専門家が解説

―――――――――――――――――――――――――


こんにちは!「ゆめたか大家」と申します。



それでは前回に引き続き


ゆめたか大家の今までの道のりを


改めてご紹介させていただきます。


―――――――――――――――――――――――――

■月刊・満室経営新聞

―――――――――――――――――――――――――


前回は


私が不動産投資を勉強する際に最も参考にした


「不動産投資大百科」を紹介させていただきした。


http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-16.html



今回は


私が物件を購入してから最も勉強させていただいており


毎月購読している


「月刊・満室経営新聞」


を紹介させていただきます。


http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-17.html



前回ご紹介した「不動産大百科」は


不動産に対する網羅的な情報が


理解しやすいように整理されているのですが


これは1回読みきりタイプです。



しかし不動産を取り巻く制度(法律)や税制および


融資の情勢は、どんどん変わって行きます。



そういった最新情報が


私たちにとってどのような意味があるのかにつき


毎月のように専門家が解説してくれる記事があるのが


「月刊・満室経営新聞」です。


http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-17.html



「月刊・満室経営新聞」


不動産投資の世界のリーダー的存在である


寺尾恵介さん(投資家けーちゃん)が編集長を務める


無料の月刊PDF新聞です。



毎月15日に発行されますが


その月の10日までに登録しないと


その月の号は送られて来ないそうです。



「月刊・満室経営新聞」では


毎月、あるテーマに沿って特集が組まれているのですが


これが非常に勉強になり、読み応えがあります。



特集以外のレギュラー記事も


豪華執筆陣によって執筆されており


毎回、大変濃い内容となっています。



以下に豪華執筆陣の紹介を含めて


「満室経営新聞」の紹介を書いてみました。


http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-17.html



私としては


「不動産投資大百科」は


1回読み切りタイプの基本的な教科書。


「月刊・満室経営新聞」は


その後の変化に対応するための専門的な解説書。


という捉え方をしています。



これが無料で読めるなんて、すごいと思います。


お持ちでない方は、入手しておかれた方がよいと思います。



今回は


私が物件を購入してから最も勉強させていただいており


毎月購読している


「月刊・満室経営新聞」


を紹介させていただきました。



次回は


大家さん同士で意見交換ができるコミュニティである


「となりの大家さん」


を紹介させていただきます。


─────────────────────────

ゆめたか大家のバックナンバー

─────────────────────────


日本政策金融公庫にて、ほぼフルローンとなった物件の


買い付け・融資・契約・引き渡し・初期管理をまとめた


「不動産取得編」はこちらです。


 http://bit.ly/yumetaka-real_estate



不動産取得税のお得な支払いに関連して


楽天カード(JCB)およびnanacoカードの活用法をまとめた


「楽天・nanacoカード編201月改訂版」です。


 http://bit.ly/yumetaka-nanaco2014Feb



「個人」の「業務的規模」の確定申告についてまとめ


10億マンション税理士さんのお話も収録した


「収支管理・確定申告編1」はこちらです。


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



不動産購入時の諸費用について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



不動産の収入の項目と帰属に始まり


「名義変更」「借地関係」「同一生計」についてまとめた


「収支管理・確定申告編3」はこちらです。


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return3



不動産所得の必要経費」ついてまとめ


修繕費」「建物価格」「減価償却」について調べた


「収支管理・確定申告編」はこちらです。


 http://bit.ly/yumetaka-tax_return4



「小規模企業共済」の制度と税制を詳しく調べ


盲点と言える、お得な活用法について書いた


「小規模企業共済編」はこちらです。


⇒ 
http://bit.ly/yumetaka-mutual-aid


─────────────────────────

■ゆめたか大家の情報紹介メール

─────────────────────────


水戸大家、川崎大家、中卒大家、ソプラノ大家さんなど


有名大家さんの不動産投資に関する情報が満載の


「不動産投資の情報紹介メール」はこちらです!


⇒ http://bit.ly/yumetaka-learning1


厳選情報を22回に渡ってお届けします!



税理士である叶温さんやOMコンサルティングさんなどの


不動産の節税に関する情報を中心とした


「確定申告・簿記・経営・倒産の情報紹介メール」です!


⇒ 
http://bit.ly/yumetaka-learning2


厳選情報を20回に渡ってお届けします!


―――――――――――――――――――――――――

■ゆめたか大家の相互紹介

―――――――――――――――――――――――――


ゆめたか大家は2012年8月に


ブログとメールマガジンを始めました。



そしてメールマガジンの読者数は


2013年7月に1000人になり


http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-21.html


2015年5月に3000人になりました。


http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-290.html



そしてこの記念に


ブログやメールマガジンの相互紹介を始めました。


「ゆめたか大家と相互紹介しませんか?」


http://bit.ly/yumetaka-together



ブログやメールマガジンの相互紹介には


「7行形式」や「字数無制限形式」があり


また「無料レポート」の相互紹介


という形式もあるようですが


柔軟に対応しようと思いますので


ブログやメールマガジンを発行している方は


以下よりご連絡をいただければと思います。


http://bit.ly/yumetaka-together



相互紹介でも


皆様とつながりを持てることを楽しみにしております!


―――――――――――――――――――――――――

■永遠の名曲シリーズ

―――――――――――――――――――――――――


花の子ルンルン


https://www.youtube.com/watch?&v=Jd9W-Q6PbnQ



(収支管理・確定申告編編より)


アパートを購入して大家となった私は


家賃収入が入ってくるようになりました。



そして家賃収入の確定申告の勉強を始め


確定申告の基礎を


「収支管理・確定申告編1」としてまとめました。


http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



そして次に、「収支管理・確定申告編2」として


不動産売買の税務をまとめる事にしました。


そして「固定資産税精算金」について調べました。



固定資産税は


1月1日の物件の所有者に課せられるのですが


このため4月1日に物件を売った場合は


買い主は4月~12月分の固定資産税を


売主に払うのが慣習になっているのでした。



これは合理的で、もっともな話だなあと思い


気分の良くなった私は


「花の子ルンルン」を採用したのでした。


http://archive.mag2.com/0001569235/20130422120000000.html



「不動産購入時の諸費用」について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


(連載第104号~第128号)(163ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



「花の子ルンルン」ですが


主人公である「ルンルン」は


少女アニメ史上の中でも


相当な上位に入る美少女だと思います。


http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Rose/4654/hanako2.jpg



そして改めてストーリーを調べてみました。


http://goo.gl/3oP0



ルンルンのおじいちゃんとおばあちゃんは


花屋を営んでいました。


http://chocolatsedei.up.seesaa.net/image/080208_01.jpg



しかしルンルンは


七色の花を探す旅に出ることになりました。


そして世界各地を飛び回ります!


http://mypage.toei-anim.co.jp/upload/save_image/81/story_img_1.jpg



そして旅先で「セルジュ」という青年カメラマンに出会い


恋心を抱きます。


http://mypage.toei-anim.co.jp/upload/save_image/81/comment_img_1.jpg



その後、おじいちゃんの病気に際して


ルンルンは故郷に帰りました。



そして探していた「七色の花」を故郷で見つけるのです!


すると「フラワーヌ星」へ続く、虹色の橋が現れます!


そこにはルンルンが恋心を抱いていたセルジュの姿が!



セルジュはこの星の新国王になるに際して


ルンルンを妃として迎えようとしました。



これでハッピーエンド!になるのかと思いましたが


ルンルンは、故郷に残してきた


おじいちゃんとおばあちゃんが心配でした。



するとセルジュは、なんと国王の座を弟に譲り


ルンルンと一緒に地球で生活することにしたのです!


http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/tsk-eshop/cabinet/lp_anime/img56956410.jpg



こんな素晴らしいストーリーだったなんて・・・。


私は感動してしまいました。



「花の子ルンルン」ですが


歌がまた素晴らしいと思います。



「幸せを、もたらすと、言われてる


 どこかで、ひっそり、咲いている~


 花を~、探して~、花を、探しています~♪」



「私は花の子です♪


 名前はルンルンです♪


 いつかは、あなたの、住む町へ


 行くかも、しれません~♪」



キャラクター、ストーリー、主題歌など


どれを取っても完成度の高い「花の子ルンルン」ですが


この歌は、素晴らしい明るさとメルヘンを伝える


永遠の名曲だと思います!

―――――――――――――――――――――――――

■編集後記

―――――――――――――――――――――――――


下の子は


私が食事を始めると、私の膝に座ります。



そしてゆめたかパパが食事を始めると


ゆめたかパパの膝に座ります。



そしてニコニコしながら


「これ食べて!つぎこれ!」と指図(命令)をします。



しかし子供が膝に乗っていては


食べにくくて仕方がありません。



そしてついに


「じゃまたろう」というあだ名が付いてしまいました。



しかし下の子はそんな事は気にせず


「じゃまたろうするの~♪」といって


笑顔で親の膝に乗って来ます。


上の子はそんなことはしなかったのですが。



以上、ゆめたか家の「じゃまたろう」について


お伝え致しました。



皆様のお家にもかわいい「じゃまたろう」がいましたら


その対策を教えていただければ幸いです。



最後までお読み頂きありがとうございました。


不動産関係は派手な情報が多いですが


私は初心者目線を大切にして行きたいと思っています。


ご質問・ご感想をいただけましたら幸いです。


―――――――――――――――――――――――――


男もすなる不動産投資といふものを


女もしてみむとてするなり


発行者 ゆめたか大家


独自配信版メールマガジンの登録・解除

http://bit.ly/yumetaka-original


ゆめたか大家のブログ

http://yumetaka365.blog.fc2.com/


ゆめたか大家のミクシー(お友達400人)

http://bit.ly/yumetaka-mixi


ゆめたか大家のフェイスブック(お友達600人)

http://bit.ly/yumetaka-facebook


ゆめたか大家のツイッター(お友達4000人)

http://twitter.com/yumetaka365


ゆめたか大家と相互紹介しませんか?

http://bit.ly/yumetaka-together


お問い合わせ

http://bit.ly/yumetaka-inquiry



関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yumetaka365.blog.fc2.com/tb.php/341-01b5505d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。