第163号 103万円の壁と100万円の壁(訂正) - 【ゆめたか大家】ゆめたか大家のメインブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第163号 103万円の壁と100万円の壁(訂正)

=========================

       男もすなる不動産投資といふものを


       女もしてみむとてするなり


        ~収支管理・確定申告編~

=========================

―――――――――――――――――――――――――

第163号 103万円の壁と100万円の壁(訂正)


2013年10日発行

―――――――――――――――――――――――――


こんにちは!「ゆめたか大家」と申します。



ゆめたか大家の無料レポートが好評公開中です!



「収支管理・確定申告編1」(111ページ)


業務的規模と事業的規模、白色申告と青色申告


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



「収支管理・確定申告編2」(163ページ)


不動産購入時の税務:経費、取得費、開業費


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



ゆめ
たか大家の「今までの道のり」および


バックナンバーのまとめはこちらです。


 http://bit.ly/yumetaka-history


―――――――――――――――――――――――――

本文

―――――――――――――――――――――――――


前回は


103万円の壁と100万円の壁について書きました。



しかしその後、疑問点があり


国税庁に電話をしてみた所


前回の内容に間違いがあることがわかりましたので


今回は訂正版を送ります。



はっきり言って「大間違い」でしたので


「大汗」をかきながら、本文を書き直しております。


申し訳ありません。



それでは前回に引き続き


・「103万円の壁」


・「100万円の壁」


について説明をさせていただきます。


http://mama.hatarako.net/mama/contents/seido/index03.html



これは、主婦がどこまで仕事をするかという話です。



パート収入などの給与収入の場合は


65万円の給与所得控除がありますが


所得税の場合は


さらに38万円の基礎控除がありますので


65万+38万=103万円までは


所得税がかからないというのが


「103万円の壁」です。


http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1199.htm



住民税の場合は33万円が基礎控除ですが


35万円までなら住民税を納めなくてよい事になっているので


65万+35万=100万円までは


住民税がかからないというのが


「100万円の壁」です。


http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/sonota/index_j.htm



しかし以上は給与収入の場合です。


不動産収入は給与収入ではないので


「給与所得控除」が使えません。



青色申告によって


青色申告控除10万円が使えるだけです。



5棟10室以上の事業的規模の場合は


青色申告控除が65万円になるのですが


私は5棟10室未満の業務的規模という


「弱小大家」を想定して連載をしていますので


以下の計算では、青色申告控除を10万円とします。



すると、不動産所得に関しては


以下のようになります。



・所得税については


38万+10万=48万円までは税金がかからない。


・住民税については


35万+10万=45万円までは税金がかからない。



このように


給与の場合の「103万円の壁」が


不動産の場合は「48万の壁」になり


給与の場合の「100万円の壁」が


不動産の場合は「45万円の壁」


になってしまうのです。



ところで主婦であっても


パートをすれば給与収入を得る事ができます。


そして給与所得控除は65万円です。



以下、主婦が


パートと不動産の両方をやった場合につき書いてみます。



パート主婦の1年間の給与収入が65万円以下の場合は


給与所得控除が65万円ですので


基礎控除38万円を使わなくても所得税ゼロです。



そしてパート主婦に不動産収入48万円があった場合


基礎控除38万円と青色申告控除10万円を引くと


ゼロになりますので、所得税はゼロになります。



このため低額パート主婦が不動産投資を行った場合は


・給与所得については「65万円(給与所得控除)の壁」


・不動産所得については「48万円(計算は上記)の壁」


となり、合計「113万円の壁」になります。



以上は所得税の場合ですが


同じような計算により、住民税の場合は


35万円までなら住民税を納めなくてよい事になっているので


・給与所得については「65万円(給与所得控除)の壁」


・不動産所得については「45万円の壁」


となり、合計「110万円の壁」になります。



パート主婦が月5万円の収入であれば


1年間で5万×12ヶ月=60万円で


65万円以下(給与所得控除内)ですので


以上は現実的な数字だと思います。



そしてパート主婦が


家賃5万円の部屋を貸していれば


5万×12ヶ月=60万円が不動産収入になり


経費を25%とすると


60万×75%=45万円が不動産所得になります。



すると不動産所得が45万円以下ですので


所得税も住民税もゼロになります。



今回の内容をまとめます。



【完全専業主婦の場合】


基礎控除38万円+青色申告控除10万円の


48万円までは、不動産所得の所得税ゼロ。


45万円までなら住民税もゼロ。


【低額パート主婦の場合】


給与収入が65万円以内であれば


不動産所得についても


48万円までは所得税ゼロ。


45万円までなら住民税もゼロ。



つまり給与収入の場合の「103万円の壁」が


不動産がプラスされると「113万円の壁」になり


給与収入の場合の「100万円の壁」は


不動産がプラスされると「110万円の壁」になるのです!



しかし給与収入が65万円を超える場合は


注意が必要です。



給与収入が85万であれば


給与所得控除65万円を引いてもゼロにならず


基礎控除38万円のうち、20万円を引いて


給与収入の所得税をゼロにします。



すると残りは基礎控除の残りは18万円ですので


所得税をゼロにするには


青色申告控除10万円と合わせて


28万円が不動産所得の上限になります。



同じような計算により、住民税をゼロにするためには


25万円が不動産所得の上限になります。



だから「103万円の壁」が「113万円の壁」になり


「100万円の壁」が「110万円の壁」になるとはいえ


パート収入が多い場合は注意が必要なのです。



ところでこれを超えると、どうなってしまうのでしょうか?


次回はその点について書いていきます。



以下、次号に続きます。



ゆめたか大家が


経理・会計・税金ブログランキングに参加してみました!


http://bit.ly/yumetaka-ranking


―――――――――――――――――――――――――

情報紹介

―――――――――――――――――――――――――


今回は、川畑明美さんの無料レポートを


紹介させていただきます。



『年収103万円と130万円違いとは?』


http://mailzou.com/get.php?R=67653&M=25048



川畑さんは


とても良心的なファイナンシャルプランナーさんです。



この無料レポートでは給与収入の103万円の壁と


130万円の壁について説明されています。



不動産に特化した内容ではないのですが


何がどのように変わるのかにつき


わかりやすく書かれており、とても勉強になりました。



ゆめたか大家も、次回以降


同じテーマにつき連載をしてゆく予定ですので


どうぞご期待下さい!


―――――――――――――――――――――――――

■今週の情報紹介

―――――――――――――――――――――――――


今週は、不動産とは無関係な内容です。



DNAの2重らせん構造にてノーベル賞を受賞した


ワトソン博士が、日本で公演を行うそうです!


場所は東京です!


http://www.kitasato-u.ac.jp/mb/aquameta/index.html



ワトソン博士は、34歳という若さでノーベル賞を受賞され


「研究の世界は、若くても業績を残せば認められる。」


という夢を実現した、研究者の神様のような先生です。


http://tinyurl.com/kn28dz4



ゆめたかパパが「行きたいなあ~」と言っているのですが


参加費がなんと52500円!


いくらなんでもこれは「アウト」です・・・。



もし52500円の「指値」に成功した方がいらっしゃいましたら


以下までご連絡をいただければ幸いです。


http://bit.ly/yumetaka-inquiry


―――――――――――――――――――――――――

■ゆめたか大家の無料レポート

―――――――――――――――――――――――――


日本政策金融公庫より、ほぼフルローンで購入した物件の


買い付け・融資・契約・物件引き渡し・初期管理をまとめた


「不動産取得編」はこちらです。


(連載第0号~第60号)(249ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-real_estate



不動産取得税のお得な支払いに関連して


楽天カード(JCB)およびnanacoカードの活用法をまとめた


「楽天・nanacoカード編2013年3月改訂版」はこちらです。


(連載第61号~第84号)(102ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-nanaco2013Mar



「個人」の「業務的規模」の確定申告についてまとめ


10億マンション税理士さんのお話も収録した


「収支管理・確定申告編1」はこちらです。


(連載第85号~第102号)(111ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



不動産購入時の諸費用について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


(連載第104号~第128号)(163ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



安いガソリンスタンドの探し方と


会員価格のためのカードについて調べた


「ガソリンスタンド編」はこちらです。


(連載第129号~第133号)(33ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-gas_station


―――――――――――――――――――――――――

編集後記

―――――――――――――――――――――――――


上の子は以前より自分のお財布を持っているのですが


最近、下の子も自分のお財布を持つようになりました。



しかし2人ともまだ子供ですので


「お金」というものがわかりません。



そこで2人で「ポイントカード」を探してお財布に入れます。


親の所へ来て、ポイントカードを欲しいとせがむのです。



このため使い終わったカード等をあげるのですが


子供たちはこれが嬉しくて仕方がありません。



カードをお財布に入れては喜び


カードをお財布から取り出しては喜びます。


「ママー!みてー!」とニコニコです。



お金よりも使い終わったカードが面白いなんて


「子供らしいなあ」と思いました。



最後までお読み頂きありがとうございました。


不動産関係は派手な情報が多いですが


私は初心者目線を大切にして行きたいと思っています。


ご質問・ご感想をいただけましたら幸いです。


―――――――――――――――――――――――――


男もすなる不動産投資といふものを女もしてみむとてするなり


発行責任者 ゆめたか大家


ゆめたか大家の今までの道のり

http://bit.ly/yumetaka-history


まぐまぐメールマガジンの登録・解除

http://www.mag2.com/m/0001569235.html


ゆめたか大家のブログ

http://yumetaka365.blog.fc2.com/


ゆめたか大家のフェイスブック

http://bit.ly/yumetaka-facebook


ゆめたか大家のツイッター

http://twitter.com/yumetaka365


お問い合わせ

http://bit.ly/yumetaka-inquiry

―――――――――――――――――――――――――

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yumetaka365.blog.fc2.com/tb.php/55-26ffa604

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。