子供と一緒に寝る文化 - 【ゆめたか大家】ゆめたか大家のメインブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供と一緒に寝る文化

=========================

       男もすなる不動産投資といふものを


       女もしてみむとてするなり


        ~収支管理・確定申告編~

=========================

―――――――――――――――――――――――――

子供と一緒に寝る文化


2013年1011日発行

―――――――――――――――――――――――――


こんにちは!「ゆめたか大家」と申します。



ゆめたか大家の無料レポートが好評公開中です!



「収支管理・確定申告編1」(111ページ)


業務的規模と事業的規模、白色申告と青色申告


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



「収支管理・確定申告編2」(163ページ)


不動産購入時の税務:経費、取得費、開業費


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



ゆめ
たか大家の「今までの道のり」および


バックナンバーのまとめはこちらです


 http://bit.ly/yumetaka-history



ゆめたか大家


経理・会計・税金ブログランキングに参加しています!


 http://bit.ly/yumetaka-ranking


―――――――――――――――――――――――――

本文

―――――――――――――――――――――――――


今回は


不動産の確定申告に関する本文を1回お休みして


「編集後記」の拡張版として


「子供と一緒に寝る文化」をお届けします。



ゆめたか家では


ゆめたかママ、上の子、下の子が一緒に寝て


ゆめたかパパは別の部屋で寝ています。



ところが他の人に話を聞いてみると


夫婦と子供が一緒に寝ている事も多いようでした。



そこで調べてみると


以下のように書いてあるサイトを見つけました。


http://goo.gl/S3jKX



44%:子供が真ん中に寝て、夫婦が両脇に寝る。


27%:妻が真ん中に寝て、子供と夫が両脇に寝る。


17%:妻と子供が一緒に寝て、夫は別室で寝る。


3% :子供は子供部屋で、夫婦は夫婦の寝室で寝る。


1% :家族全員が別々の部屋で寝る。


8% :その他。



なんと、パパも子供と一緒に寝るというパターンが


44+27=71%もあるのでした!



これは「昼間の仕事の分担」と「夜泣きの分担」が


関係しているのだろうと思いました。



つまり以下のようになっているのだろうと思いました。


・共働きの場合⇒パパも一緒に寝る。


・パート主婦・専業主婦の場合⇒パパは別室。



しかし以下のサイトから単純に計算すると


共働きは57%でしたので


パート主婦・専業主婦であっても


パパが一緒に寝ているケースがあるようです。


http://www.garbagenews.net/archives/1954558.html



また「子供と一緒に寝る文化」は


国による違いがあり、アメリカでは


赤ちゃんの時から別室で寝かせるのが普通との事でした。


http://www.babytopia.jp/resources/?p=1339


http://fromcitytoct.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html



私としては


「赤ちゃんの時から1人で寝かせて大丈夫なのかあ?」


と思ってしまいました。



以上より


「子供と一緒に寝るかどうかは、文化的な違いがある。」


と書いてしまえばそれまでですが


もう一歩踏み込んで考えてみました。



そして考えたあげく


「日本のように、子供と一緒に寝る文化が正しい。」


と思うに至りました。



生物進化の過程で、以下のような法則があるからです。


・下等生物:親子の関係が薄い。卵を産んだらおしまいとか。


・高等生物:親子の関係が厚い。親がおっぱいをあげるなど。



また、おっぱいをあげる高等動物であっても


ウシやウマは生後30分くらいで走りますが


人間の場合はもっと未熟に生まれてきますので


親の保護が必要な期間が長くなってきます。



だから生物進化の頂点とされる人間は


「子供と一緒に寝るのが正しい。」はずであり


このため日本の文化は、生物進化の結果としての


「妥当性」があると思ったのでした。



さらに「子供と一緒に寝る文化」である日本では


「何歳まで子供と一緒に寝るか」


についても話題になっていました。



以下のサイトによれば


「3歳まで一緒」や「高校生ですが一緒」など


実に様々なのでした。


http://onayamifree.com/threadres/1529392/


http://goo.gl/44N1Jb



「子供と一緒に寝るのが正しい。」という観点からは


親子が一緒に寝る期間が


長ければ長いほどよい事になってしまうのですが


長すぎると、今度は


「子供が自立できない。」という問題が出てくると思います。



調べてみると、日本では


「小学生まで親と一緒に寝て、中学生から1人で寝る。」


というパターンが多いようですが


この辺りが妥当なのではないかと思いました。



今回の内容をまとめますと


生物進化の頂点として、未熟に生まれてくる人間は


親が長い期間、子供を保護するという必要があり


このため親子が一緒に寝るのが基本と思いますが


過保護はかえってよくないだろうと思ったのでした。



今回は


「子供と一緒に寝る文化」をお届けしました。


皆様の小さい頃は、どうでしたでしょうか?



次回は、不動産の税務の話題に戻ります。


「130万円の壁」につき、前回に続いて説明をして行きます。


―――――――――――――――――――――――――

情報紹介

―――――――――――――――――――――――――


今回は、渡辺恵子さんの


無料レポートを
紹介させていただきます。



『子どもの可能性を伸ばす親・つぶす親』


http://mailzou.com/get.php?R=67748&M=25048



渡辺さんは、5人の子供(2男3女)のお母さんです。



この無料レポートでは


「子供は将来、何にだってなれる」


から始まり


「子供の可能性は親次第」


と続き


そのためには


「どのようにして子供と接したらよいか」


について書かれています。



書かれている内容は、親子関係だけでなく


先生と生徒、上司と部下のような関係にも


役立つと思いました。



わずか6ページの無料レポートですが


ゆめたか大家の絶対のおすすめです!


―――――――――――――――――――――――――

■今週の情報紹介

―――――――――――――――――――――――――


先月に引き続き、水戸大家さんの


「不動産投資大百科」を紹介させていただきます。



ゆめたか大家は「不動産取得編」の中で


「不動産投資大百科」を参考にした事を


何度も書きましたが


「不動産取得編」の連載終了から


11ヶ月が経ってしまいましたので


再び皆様にご紹介させていただく次第です。



実は「不動産投資大百科」には


今までに発売された有料商材の内容が


整理して詰め込まれているのですが


それを含めて


「不動産投資大百科」の紹介を書いてみました。


http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-16.html



これが無料で読めるなんて、すごいと思います!


お持ちでない方は、入手しておかれた方がよいと思います。


―――――――――――――――――――――――――

■ゆめたか大家の無料レポート

―――――――――――――――――――――――――


日本政策金融公庫より、ほぼフルローンで購入した物件の


買い付け・融資・契約・物件引き渡し・初期管理をまとめた


「不動産取得編」はこちらです。


(連載第0号~第60号)(249ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-real_estate



不動産取得税のお得な支払いに関連して


楽天カード(JCB)およびnanacoカードの活用法をまとめた


「楽天・nanacoカード編2013年3月改訂版」はこちらです。


(連載第61号~第84号)(102ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-nanaco2013Mar



「個人」の「業務的規模」の確定申告についてまとめ


10億マンション税理士さんのお話も収録した


「収支管理・確定申告編1」はこちらです。


(連載第85号~第102号)(111ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



不動産購入時の諸費用について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


(連載第104号~第128号)(163ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



安いガソリンスタンドの探し方と


会員価格のためのカードについて調べた


「ガソリンスタンド編」はこちらです。


(連載第129号~第133号)(33ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-gas_station


―――――――――――――――――――――――――

編集後記

―――――――――――――――――――――――――


上の子は来年、小学生になります。


このため先日、お店にランドセルを見に行きました。



上の子は自分でいろいろなランドセルを見て


「これがいい!」と言いました。



私からすると


「ちょっと色が・・・。」と思ったのですが


上の子が自分で選んだので、それに決めました。


上の子は「ニコニコ」です!



ところで私のママ友のランドセル選びの話を書きます。



親子で一緒にお店に行って


子供にランドセルを選ばせたのですが


「この色はだめ!」


「これじゃおかしいでしょう!」


と母親が何度も口出ししたそうです。



子供は困ってしまい


「じゃあ、ママが選んで!」


となってしまったそうです。



口を挟んで命令ばかりして・・・。


このようなママって、どのようなつもりなのかな?


と思ってしまいました。



「子育て」というのは


「子供を育くむ」ことであり


そのためには


「子供の気持ち」を大切にしてあげるのが


第一のはずなのですが・・・。



子供は親を選べないのが


ちょっとかわいそうに思ってしまいました。



最後までお読み頂きありがとうございました。


不動産関係は派手な情報が多いですが


私は初心者目線を大切にして行きたいと思っています。


ご質問・ご感想をいただけましたら幸いです。


―――――――――――――――――――――――――


男もすなる不動産投資といふものを女もしてみむとてするなり


発行責任者 ゆめたか大家


ゆめたか大家の今までの道のり

http://bit.ly/yumetaka-history


まぐまぐメールマガジンの登録・解除

http://www.mag2.com/m/0001569235.html


ゆめたか大家のブログ

http://yumetaka365.blog.fc2.com/


ゆめたか大家のフェイスブック

http://bit.ly/yumetaka-facebook


ゆめたか大家のツイッター

http://twitter.com/yumetaka365


お問い合わせ

http://bit.ly/yumetaka-inquiry

―――――――――――――――――――――――――

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yumetaka365.blog.fc2.com/tb.php/59-643cb1aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。