第167号 社会保険料は不動産収入で計算 - 【ゆめたか大家】ゆめたか大家のメインブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第167号 社会保険料は不動産収入で計算

=========================

       男もすなる不動産投資といふものを


       女もしてみむとてするなり


        ~収支管理・確定申告編~

=========================

―――――――――――――――――――――――――

第167号 社会保険料は不動産収入で計算


2013年1016日発行

―――――――――――――――――――――――――


こんにちは!「ゆめたか大家」と申します。



ゆめたか大家の無料レポートが好評公開中です!



「収支管理・確定申告編1」(111ページ)


業務的規模と事業的規模、白色申告と青色申告


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



「収支管理・確定申告編2」(163ページ)


不動産購入時の税務:経費、取得費、開業費


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



ゆめ
たか大家の「今までの道のり」および


バックナンバーのまとめはこちらです


 http://bit.ly/yumetaka-history



ゆめたか大家


経理・会計・税金ブログランキングに参加しています!


 http://bit.ly/yumetaka-ranking


―――――――――――――――――――――――――

本文

―――――――――――――――――――――――――


前回は、パート主婦の給与収入が


「130万円の壁」


を超えた場合につき書きました。



結論として、パート主婦は


「社会保険料」つまり


「国民年金」および「国民健康保険」を


自分で払う事になり


税率は合わせて20~40%にもなるのでした。



前回は一般例にならって


「パート主婦」の「給与収入」について書きましたが


今回は


「専業主婦」に「不動産収入」がある場合につき


書いて行きます。



結論から書きますと


専業主婦に不動産収入がある場合も


収入が130万円を超えたら


「国民年金」および「国民健康保険」を


自分で払う必要が出てきます。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010444895


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3205578.html



しかしこの「130万円」という金額は


「所得税」や「住民税」とは扱いが異なります。



社会保険料のうち「健康保険」は


各会社の健康保険組合が扱うのですが


会社によってもこの「130万円」の扱いが異なるようです。



以下の会社の健康保険組合では


不動産収入総収入-当健保組合が認める必要経費


となっていました。


http://goo.gl/1VJ4z



しかし何を「必要経費」として認めてくれるかは


お勤めの健康保険組合に聞いてみないと


わかりませんよね。



そこで聞いてみたのですが、
私の勤務先では


「修繕費だけは不動産収入から引いて計算します。


 不動産収入-修繕費が130万円を超えれば


 健康保険の扶養認定から外れます。


 管理費、固定資産税、基礎控除などは考えません。」


という回答でした。



さらに「減価償却は経費として認めません。」と言われました。


だから不動産における「魔法の経費」と呼ばれる


「減価償却費」も、健康保険の場合には無効なのでした。



所得税や住民税の場合は


不動産収入から経費や基礎控除や


青色申告控除を引いた残り


つまり「不動産所得」がプラスなら


税金を払うのが基本でした。



しかし健康保険料の場合は


「不動産収入」そのものが問題になり


修繕費以外の経費や基礎控除や青色申告控除などは


関係ないのが基本のようでした。



何を「経費」として認めるかは


各会社の健康保険組合によって異なるようですので


この点は一度確認しておかれた方がよいと思います。



また妻が夫の勤務先の「健康保険」の扶養から外れると


同時に「厚生年金」の扶養からも外されるようです。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1138788606



このため、おおむね


「不動産収入(不動産所得ではなく)が130万円を超えたら


 「社会保険料」すなわち


 「国民年金保険料」と「国民健康保険保険料」を


 妻が自分で払う必要が出てくる。」


というのが基本線と言って良いと思います。



もう一度まとめますと


・所得税、住民税:不動産所得で判断。


・国民年金、国民健康保険:不動産収入で判断。


という事になります。



そしてもう1つ


「所得税・住民税」と「社会保険料」では


大きな違いがあります。



所得税および住民税の場合は


妻が夫の扶養から外れると


妻が所得税や住民税を払うのみならず


夫の配偶者控除がなくなるので


配偶者特別控除はあるものの


夫の所得税と住民税が高くなってしまうのでした。


http://archive.mag2.com/0001569235/20131004120000000.html



しかし社会保険料の場合は


妻が扶養から外れても


夫の社会保険料はそのままだそうです。



「年金保険料」も「健康保険料」も


「標準報酬月額」が基準になっており


妻や子供の人数とは関係がないためだそうです。


http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1982


http://www.its-kenpo.or.jp/hoken/jimu/hihuyou/qa.html



だから「130万円の壁」を越えた場合


妻が自分で社会保険料を払う必要はあるものの


夫の社会保険料はそのままなのでした。



これが所得税および住民税と、社会保険料の


第二の違いと言ってよいと思います。



今回は専業主婦に不動産収入がある場合の


社会保険料の扱いについて書きました。



次回は、パート主婦に不動産収入がある場合に


社会保険料がどうなるかについて書いていきます。



以下、次号に続きます。


―――――――――――――――――――――――――

情報紹介

―――――――――――――――――――――――――


今回は、国民年金のお得な支払いに関する


無料レポートを
紹介させていただきます。



『国民年金をお得に支払う こんな方法あったんだー!


 
「塵も積もれば山となる」


 
オトクに払って国民年金を積もらせよう!』


http://www.muryoj.com/get.php?R=19272&M=100005416



この無料レポート作者の山口友輔さんは


物品の転売をなさっている方だそうです。



おそらく自営業者さんとして


「国民年金」を支払われており、そのご経験から


今回の無料レポートをまとめられたのだと思います。



内容としては


国民年金をお得に支払う方法について書かれているのですが


「130万円の壁」を越えている方、あるいは超えそうな方は


読んでおかれた方がよいと思います。


―――――――――――――――――――――――――

■今週の情報紹介

―――――――――――――――――――――――――


先月に引き続き、水戸大家さんの


「不動産投資大百科」を紹介させていただきます。



ゆめたか大家は「不動産取得編」の中で


「不動産投資大百科」を参考にした事を


何度も書きましたが


「不動産取得編」の連載終了から


11ヶ月が経ってしまいましたので


再び皆様にご紹介させていただく次第です。



実は「不動産投資大百科」には


今までに発売された有料商材の内容が


整理して詰め込まれているのですが


それを含めて


「不動産投資大百科」の紹介を書いてみました。


http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-16.html



これが無料で読めるなんて、すごいと思います!


お持ちでない方は、入手しておかれた方がよいと思います。


―――――――――――――――――――――――――

■ゆめたか大家の無料レポート

―――――――――――――――――――――――――


日本政策金融公庫より、ほぼフルローンで購入した物件の


買い付け・融資・契約・物件引き渡し・初期管理をまとめた


「不動産取得編」はこちらです。


(連載第0号~第60号)(249ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-real_estate



不動産取得税のお得な支払いに関連して


楽天カード(JCB)およびnanacoカードの活用法をまとめた


「楽天・nanacoカード編2013年3月改訂版」はこちらです。


(連載第61号~第84号)(102ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-nanaco2013Mar



「個人」の「業務的規模」の確定申告についてまとめ


10億マンション税理士さんのお話も収録した


「収支管理・確定申告編1」はこちらです。


(連載第85号~第102号)(111ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



不動産購入時の諸費用について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


(連載第104号~第128号)(163ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



安いガソリンスタンドの探し方と


会員価格のためのカードについて調べた


「ガソリンスタンド編」はこちらです。


(連載第129号~第133号)(33ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-gas_station


―――――――――――――――――――――――――

編集後記

―――――――――――――――――――――――――


先日、「にほんブログ村」のブログランキングで


1位になった事をご報告させていただきました。


http://life.blogmura.com/zeikin/



そしてその後、「FC2ブログランキング」でも


1位になることができたのでした!



前回のブログに加筆して「証拠画像」を載せましたので


よろしければご覧になって下さい。


http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-41.html



これは応援して下さった皆様のおかげです。


本当にありがとうございました。


心より感謝しております。



しかしこの原稿を書いている最中に


1位から陥落してしまいました・・・。


http://bit.ly/yumetaka-fc2-ranking



それでも素人である「ゆめたか大家」が


よく奮闘していると思います。



これからも頑張って執筆して行きますので


どうぞよろしくお願い申し上げます!



最後までお読み頂きありがとうございました。


不動産関係は派手な情報が多いですが


私は初心者目線を大切にして行きたいと思っています。


ご質問・ご感想をいただけましたら幸いです。


―――――――――――――――――――――――――


男もすなる不動産投資といふものを女もしてみむとてするなり


発行責任者 ゆめたか大家


ゆめたか大家の今までの道のり

http://bit.ly/yumetaka-history


まぐまぐメールマガジンの登録・解除

http://www.mag2.com/m/0001569235.html


ゆめたか大家のブログ

http://yumetaka365.blog.fc2.com/


ゆめたか大家のフェイスブック

http://bit.ly/yumetaka-facebook


ゆめたか大家のツイッター

http://twitter.com/yumetaka365


お問い合わせ

http://bit.ly/yumetaka-inquiry

―――――――――――――――――――――――――

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yumetaka365.blog.fc2.com/tb.php/61-25f3352c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。