第170号 不動産の所得税は30万円の壁 - 【ゆめたか大家】ゆめたか大家のメインブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第170号 不動産の所得税は30万円の壁

=========================

       男もすなる不動産投資といふものを


       女もしてみむとてするなり


        ~収支管理・確定申告編~

=========================

―――――――――――――――――――――――――

第170号 不動産の所得税は30万円の壁


2013年1023日発行

―――――――――――――――――――――――――


こんにちは!「ゆめたか大家」と申します。



ゆめたか大家のバックナンバーが好評公開中です!



不動産取得」(249ページ)


日本政策金融公庫よりほぼフルローンで融資を受けました!


⇒ http://bit.ly/yumetaka-real_estate



「楽天・nanacoカード編2013年3月改訂版」(102ページ)


不動産取得税や固定資産税お得な支払い方法です!


⇒ http://bit.ly/yumetaka-nanaco2013Mar



ゆめ
たか大家の「今までの道のり」および


バックナンバーのまとめはこちらです


 http://bit.ly/yumetaka-history



ゆめたか大家


経理・会計・税金ブログランキングに参加しています!


 http://bit.ly/yumetaka-ranking


―――――――――――――――――――――――――

本文

―――――――――――――――――――――――――


前回は


子供が「130万円の壁」を


超えた場合について書きました。



130万円を超えると、子供は自分で


「国民健康保険保険料」を払う必要が出てくるのですが


「国民年金保険料」は払わなくて良いのでした。



このため社会保険については


主婦が130万円の壁を越えた場合より


子供の方が税制的に優遇されているのでした。



以上、何回かに渡って


「所得の分散」を前提として


妻や子供に不動産収入があった場合につき


書いてきました。



今回からは、給与所得者である夫に


不動産収入がある場合につき


所得税、住民税、社会保険料がどうなるのかにつき


書いて行きます。



まずは夫の所得税・住民税についてです。


夫の給料であれば


「100万円の壁」や「103万円の壁」は


超えているでしょう。



つまり給与収入だけで


給与所得控除(最低65万円)と


基礎控除の合計分を超えているでしょう。



基礎控除は


所得税の場合は38万、住民税の場合は33万です。



だから夫が不動産を行った場合は


不動産収入-経費=不動産所得より


青色申告控除10万円だけを引いた金額に


所得税・住民税がかかってきます。



専業主婦が不動産を行った場合は


不動産所得から


基礎控除と青色申告控除を引いた金額に


所得税・住民税がかかってくるのが基本でした。



だから


住民税については45万円が壁


所得税については48万円が壁


だったのでした。



詳しくは以下をご覧下さい。


http://archive.mag2.com/0001569235/20131002120000001.html



しかし夫の場合は


給与収入で基礎控除を使い切っているので


不動産収入があった場合は


青色申告控除10万円分しか引けず


所得税・住民税が高くなってしまうのです。



これは、夫が不動産を行った上での


税制上のマイナス面と言えるでしょう。



しかし「収支管理・確定申告編1」でも書きましたが


給与所得者が不動産を行った場合


不動産所得が20万円以下なら


(正確には
給与所得および退職所得以外の所得金額)


確定申告は不要で


不動産については所得税ゼロになるのでした。



詳しくは、以下をご覧下さい。


http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm


http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/teishutsu.htm



「収支管理・確定申告編1」はこちらです。


http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



そして税務署に電話をして聞いてみたのですが


不動産収入から経費を引いた不動産所得より


青色申告10万円を引いた金額が20万円以下なら


確定申告は不要で


不動産については所得税ゼロになるそうです。



だから給与所得者が不動産を行った場合は


不動産の所得税については


「30万円の壁」があると言ってよいと思います。



不動産所得30万-青色申告10万=20万で


確定申告が不要となるからです。



家賃3万円の物件であれば


3万×12ヶ月=36万円で


経費が20%であれば


36万×80%=28万8000円が不動産所得になりますので


所得税はゼロとなる計算になります。



ちなみにパート主婦も給与所得者ですので


不動産については「30万円の壁」の適応があるのですが


低額パート主婦の場合は


給与所得控除65万円以内の給与収入であれば


基礎控除38万円が不動産所得の控除に回せるので


青色申告控除10万円と合わせて


38万+10万=48万円が


不動産所得の壁になるのでした。



しかし高額パート主婦であれば


サラリーマンと同じ扱いになり


不動産については「30万円の壁」になります。



たとえば給与収入が103万円であれば


給与所得控除65万円と基礎控除38万円で


所得税ゼロ。



不動産所得が30万円であれば


青色申告控除10万円を引くと20万円以下になり


確定申告不要で所得税ゼロとなります。



このため103万円と30万円を合計して


「133万円の壁」となります。



ただし不動産所得が「30万円の壁」に入っていないと


確定申告をする必要が生じ


所得税を納める事になりますのでご注意下さい。



ところで夫や高額パート主婦が不動産を行った場合に


「30万円の壁」で不動産の所得税はゼロになるとは言っても


住民税の申告は必要なのでした。


(これも「収支管理・確定申告編1」で書きましたね。)


https://www.43navi.com/column/detailhappy.html?n=2453



次回はこの点について、書いていきます。


―――――――――――――――――――――――――

情報紹介

―――――――――――――――――――――――――


今回は本文で


給与所得者は
不動産所得が20万円以下なら


確定申告をしなくてよい事を書きましたが


この点について、さらに詳しい無料レポートを紹介します。



『【副業の確定申告】


 利益20万円以下の人は申告しなくていいって本当?』


http://mailzou.com/get.php?R=56709&M=25048



この無料レポート作者の「よねまる」さんは


税理士の資格を持つアフィリエイターさんだそうです。



ブログではアフィリエイトの税金について書いておられます。


http://www.yonemaru.biz/



今回の無料レポートでは


・20万円以下なら確定申告不要な条件。


・それでも住民税の申告は必要。


・住民税の申告をしないとどうなるか。


などにつき、とてもわかりやすく書かれています。



ほとんど知られていない内容ですが


住民税の申告をしないと


「無申告加算金」「延滞金」「重加算金」


が課せられるかもしれませんので


読んでおかないといけないと思います。


―――――――――――――――――――――――――

■今週の情報紹介

―――――――――――――――――――――――――


先月に引き続き


「となりの大家さん」を紹介させていただきます。


http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-47.html



「となりの大家さん」は


大家さん同士のコミュニティサイトです。


登録は無料です。



大家さん同士で質問をしたり答えたりする事ができるのが


このサイトの一大特徴だと思います。



最近では、以下の質問と回答が


勉強になったと思いました。



「大手客付け仲介会社」


http://t-oya.net/posts/1584



「残置物と集客についてご意見頂ければ幸いです。」


http://t-oya.net/posts/1590



以下に「となりの大家さん」の紹介を書いてみましたので


よろしければ、ご覧になって下さい。


http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-47.html



私も「となりの大家さん」に登録しているのですが


これからもこのサイトを活用して行きたいと思っています!


―――――――――――――――――――――――――

■ゆめたか大家のバックナンバー

―――――――――――――――――――――――――


日本政策金融公庫より、ほぼフルローンで購入した物件の


買い付け・融資・契約・物件引き渡し・初期管理をまとめた


「不動産取得編」はこちらです。


(連載第0号~第60号)(249ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-real_estate



不動産取得税のお得な支払いに関連して


楽天カード(JCB)およびnanacoカードの活用法をまとめた


「楽天・nanacoカード編2013年3月改訂版」はこちらです。


(連載第61号~第84号)(102ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-nanaco2013Mar



「個人」の「業務的規模」の確定申告についてまとめ


10億マンション税理士さんのお話も収録した


「収支管理・確定申告編1」はこちらです。


(連載第85号~第102号)(111ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



不動産購入時の諸費用について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


(連載第104号~第128号)(163ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



安いガソリンスタンドの探し方と


会員価格のためのカードについて調べた


「ガソリンスタンド編」はこちらです。


(連載第129号~第133号)(33ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-gas_station


―――――――――――――――――――――――――

編集後記

―――――――――――――――――――――――――


私は「みずほ銀行」の「マイレージクラブ」に入り


また「みずほダイレクト」というインターネットバンキングを


利用しています。



これにより、自宅のパソコンで残高が確認できるだけでなく


1ヶ月に3回まで、他の金融機関への振り込み手数料が


無料になるので(残高50万円以上の場合)


大変重宝していました。


http://www.mizuhobank.co.jp/mmc/tokuten/index.html



ヤフーオークションで落札した場合に


「ヤフーかんたん決済」ではなく


「銀行振り込み」にして


みずほダイレクトで振込みをすれば


手数料無料なので、とても嬉しかったのでした。



しかし先日、みずほ銀行より「お知らせ」が届きました。



なんと!今まで1ヶ月に3回まで


他の金融機関への振り込み手数料が無料だったのが


1ヶ月に1回までになるというのです・・・。



私にとってはショックな出来事でした。



このため、現在は他の銀行の口座開設を考えています。


どこがいいかなあ・・・。



最後までお読み頂きありがとうございました。


不動産関係は派手な情報が多いですが


私は初心者目線を大切にして行きたいと思っています。


ご質問・ご感想をいただけましたら幸いです。


―――――――――――――――――――――――――


男もすなる不動産投資といふものを女もしてみむとてするなり


発行責任者 ゆめたか大家


ゆめたか大家の今までの道のり

http://bit.ly/yumetaka-history


まぐまぐメールマガジンの登録・解除

http://www.mag2.com/m/0001569235.html


ゆめたか大家のブログ

http://yumetaka365.blog.fc2.com/


ゆめたか大家のフェイスブック

http://bit.ly/yumetaka-facebook


ゆめたか大家のツイッター

http://twitter.com/yumetaka365


お問い合わせ

http://bit.ly/yumetaka-inquiry

―――――――――――――――――――――――――

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yumetaka365.blog.fc2.com/tb.php/67-342d4c53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。