第175号 所得税・住民税・社会保険料のまとめ3 - 【ゆめたか大家】ゆめたか大家のメインブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第175号 所得税・住民税・社会保険料のまとめ3

=========================

       男もすなる不動産投資といふものを


       女もしてみむとてするなり


        ~収支管理・確定申告編~

=========================

―――――――――――――――――――――――――

第175号 所得税・住民税・社会保険料のまとめ3


2013年11日発行

―――――――――――――――――――――――――


こんにちは!「ゆめたか大家」と申します。



ゆめたか大家のバックナンバーが好評公開中です!



不動産取得」(249ページ)


日本政策金融公庫よりほぼフルローンで融資を受けました!


⇒ http://bit.ly/yumetaka-real_estate



「楽天・nanacoカード編2013年3月改訂版」(102ページ)


不動産取得税や固定資産税お得な支払い方法です!


⇒ http://bit.ly/yumetaka-nanaco2013Mar



ゆめ
たか大家の「今までの道のり」および


バックナンバーのまとめはこちらです


 http://bit.ly/yumetaka-history



ゆめたか大家


経理・会計・税金ブログランキングに参加しています!


 http://bit.ly/yumetaka-ranking


―――――――――――――――――――――――――

本文

―――――――――――――――――――――――――


前回は


パート主婦に不動産所得がある場合で


給与収入が65万円以下の場合について書きました。



今回は


パート主婦に不動産所得がある場合で


給与収入が65万~103万円の場合について書きますが


この計算は複雑です。



その理由は2つあります。



≪理由1≫


給与所得控除65万円を使い切っても


基礎控除分が残っていれば


不動産所得から引くことができる。



以下、例を挙げて説明します。



給与収入が80万円であれば


給与所得控除65万円と基礎控除15万円分を使って


給与収入の住民税と所得税がゼロになります。



しかしこの場合は


基礎控除のうち15万円分を使ってしまうので


不動産所得については以下のようになります。


・住民税については45万円の壁→30万円の壁


・所得税については48万円の壁→33万円の壁



給与収入が95万円であれば


給与所得控除65万円と基礎控除30万分を使って


給与収入の住民税と所得税がゼロになります。



この場合は基礎控除のうち30万円分を使ってしまうので


不動産所得については以下のようになります。


・住民税については45万円の壁→15万円の壁


・所得税については48万円の壁→18万円の壁



このように、給与所得の金額によって


不動産所得の分に回せる基礎控除の金額が変わるので


住民税および所得税がゼロになるための


不動産所得の上限が変わってくるのが


計算が複雑になる1つ目の理由です。



≪理由2≫


給与所得者(パート主婦を含む)の場合は


不動産所得が20万円以下なら


(正確には給与所得および退職所得以外の所得金額)


確定申告は不要で


不動産については所得税ゼロになる。


http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm


http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/teishutsu.htm



ただしこの場合も、住民税の申告は必要。


https://www.43navi.com/column/detailhappy.html?n=2453



以上を踏まえて、今回は以下のようにまとめました。



【2 パート主婦に不動産所得がある場合】


≪パート収入が65万~103万円の場合≫



(住民税についての110万円の壁)


給与収入65万円以上で


給与収入+不動産所得が110万円以下の場合は


給与所得控除65万円は使い切ってしまいますが


住民税ゼロとなる35万円と


青色申告控除10万円を合わせると


住民税はゼロになる。



これを超えると、住民税の基礎控除は33万円なので


給与控除65万円、青色申告控除10万円と合わせて


給与収入+不動産所得-108万円を超えた分に


10%の住民税が課せられる。



(所得税についての133万円の壁)


給与収入65万円以上で


給与収入+不動産所得が133万円以下の場合は


給与所得控除65万円は使い切ってしまいますが


所得税の基礎控除である38万円と


青色申告控除10万円および


「20万円以下確定申告不要ルール」と合わせると


所得税はゼロになる。



これを超えると、所得税の基礎控除は38万円なので


給与控除65万円、青色申告控除10万円と合わせて


給与収入+不動産所得-113万円を超えた分に


所得税が課せられる。



また、妻に所得税が課せられるようになると


夫の配偶者控除から外されるので


夫の住民税、所得税が高くなる。



配偶者控除から外れても配偶者特別控除があるので


夫の住民税と所得税は一気に高くはならない。



青色申告控除の10万円があるので


不動産所得については


86万円までなら配偶者特別控除が受けられ


給与所得控除65万円と合わせて


86万+65万=151万円までは


配偶者特別控除を受けられる。



(社会保険料についての130万円の壁)


給与収入と不動産収入(不動産所得ではありません!)


の合計が130万円を超えると


妻は自分で「社会保険料」すなわち


「国民年金保険料」および「国民健康保険保険料」を


払う必要が出て来る。


http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n1201



国民年金保険料は月15040円(年18万480円)のため


130万円に対しては13.9%になる。


http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3763



国民健康保険保険料は、各自治体によって異なるが


おおむね所得の11~25%くらい。


http://www.kokuho.info/hoken-keisan.htm



だから収入130~150万円では実際の手取りが減るので


160万円以上にならないと実際の手取りが増えない。


http://allabout.co.jp/gm/gc/12076/3/



妻が自分で社会保険料を払うようになっても


夫の社会保険料は変わらない。



今回は


パート主婦に不動産所得がある場合で


給与収入が65万~103万円の場合について書きました。



給与収入が103万円を越えている場合は


不動産収入もしくは不動産所得と合わせて


全ての壁を越えていると思いますので


後にまとめを行う予定の


「サラリーマンに不動産所得がある場合」をご参照下さい。



次回は、子供に不動産所得がある場合の


住民税、所得税、社会保険料について書いて行きます。



以下、次号に続きます。


―――――――――――――――――――――――――

情報紹介

―――――――――――――――――――――――――


今回は、不動産に詳しい税理士である


叶豊(かなえ・ゆたか)さんの連載コラムを


紹介させていただきます。



「不動産投資専門税理士 叶温の


 "お金を残す"不動産投資」


http://www.rakumachi.jp/navi/senmonka/kanae/index.html



このコラムは、不動産物件情報サイトである「楽待」で


叶さんが連載を行ったものです。



前回は叶さんの莫大なサイトを紹介しましたが


今回のコラムであれば全12回ですので


全てを読むことができると思います。



毎回、エッセンスがよく詰まっているコラムですので


これも「お気に入り」へ登録しておかれた方がよいと思います。


―――――――――――――――――――――――――

■今週の情報紹介

―――――――――――――――――――――――――


先月に引き続き


「月刊・満室経営新聞」をご紹介させていただきます。


http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-17.html



「月刊・満室経営新聞」


不動産投資家である寺尾恵介さんが編集長を務める


無料の月刊PDF新聞です。



毎月15日に発行されますが


その月の10日までに登録しないと


その月の号は送られて来ないそうです。



10月号は
以下の特集が組まれる予定でした。



探そう!自分にピッタリの投資スタイル!」



しかし10月号は「お休み」になってしまったので


おそらくこのテーマで11月号が送られてくるのだと思います。



この新聞では
さらに豪華執筆陣の連載もあるのですが


それも含めて「満室経営新聞」の紹介を書いてみました。


http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-17.html


これは購読されておいた方がよいと思います


―――――――――――――――――――――――――

■ゆめたか大家のバックナンバー

―――――――――――――――――――――――――


日本政策金融公庫より、ほぼフルローンで購入した物件の


買い付け・融資・契約・物件引き渡し・初期管理をまとめた


「不動産取得編」はこちらです。


(連載第0号~第60号)(249ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-real_estate



不動産取得税のお得な支払いに関連して


楽天カード(JCB)およびnanacoカードの活用法をまとめた


「楽天・nanacoカード編2013年3月改訂版」はこちらです。


(連載第61号~第84号)(102ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-nanaco2013Mar



「個人」の「業務的規模」の確定申告についてまとめ


10億マンション税理士さんのお話も収録した


「収支管理・確定申告編1」はこちらです。


(連載第85号~第102号)(111ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return1



不動産購入時の諸費用について調べ


その税務処理と節約方法をまとめた


「収支管理・確定申告編2」はこちらです。


(連載第104号~第128号)(163ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-tax_return2



安いガソリンスタンドの探し方と


会員価格のためのカードについて調べた


「ガソリンスタンド編」はこちらです。


(連載第129号~第133号)(33ページ)


⇒ http://bit.ly/yumetaka-gas_station


―――――――――――――――――――――――――

編集後記

―――――――――――――――――――――――――


うちの子は「ヨーグルト」が大好きです。



下の子はどのヨーグルトでも食べるのですが


上の子は違います。



「ママー!ヨーグルト食べたーい!」


「ウシかバニラのヨーグルトがいい!」



こんな感じで「注文」を付けてくるのです。



「ウシのヨーグルト」とは以下の


「牧場の朝ヨーグルト」の事です。


http://www.meg-snow.com/products/yogurt/7e506.html



「バニラのヨーグルト」とは以下の


「バニラヨーグルト」の事です。


http://www.nipponluna.co.jp/products/vanilla/vani.html



小さい頃から「選別」をするなんて


将来は贅沢にならないかと心配もあるのですが


このような「見分け」ができるようになったのは


子供の「成長の証」ですので


今は素直にヨーグルトをあげる事にしています。



最後までお読み頂きありがとうございました。


不動産関係は派手な情報が多いですが


私は初心者目線を大切にして行きたいと思っています。


ご質問・ご感想をいただけましたら幸いです。


―――――――――――――――――――――――――


男もすなる不動産投資といふものを女もしてみむとてするなり


発行責任者 ゆめたか大家


ゆめたか大家の今までの道のり

http://bit.ly/yumetaka-history


まぐまぐメールマガジンの登録・解除

http://www.mag2.com/m/0001569235.html


ゆめたか大家のブログ

http://yumetaka365.blog.fc2.com/


ゆめたか大家のフェイスブック

http://bit.ly/yumetaka-facebook


ゆめたか大家のツイッター

http://twitter.com/yumetaka365


お問い合わせ

http://bit.ly/yumetaka-inquiry

―――――――――――――――――――――――――

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yumetaka365.blog.fc2.com/tb.php/76-331b4fa6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。